セブンイレブンのオーナーの24時間営業中止で人手不足・長時間労働が注目される

セブンイレブンのオーナーの24時間営業中止で人手不足・長時間労働が注目される

大阪府東大阪市のセブンイレブンのオーナーが店舗の24時間営業を中止したところ、セブンイレブンから厳しい対応があり、その内容がメディアで話題になっています。セブンイレブンのオーナーはアルバイト・パートの採用が難しく、オーナー自身が長時間労働を強いられる状況で、24時間営業の中止を決...

スマホ決済「メルペイ」と「メルカリ経済圏」は小売業にどのような影響を与えるか

スマホ決済「メルペイ」と「メルカリ経済圏」は小売業にどのような影響を与えるか

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、2019年2月13日、スマホ決済「メルペイ」をスタートしました。サービス開始時に「メルペイ」が利用できるのは約90万ヶ所となっていて、2019年3月中旬にはコード決済に対応することで、さらに45万ヶ所増えた135万ヶ所で利用できる予定...

なぜコンビニのクリスマスケーキ・恵方巻きの廃棄は問題視されるようになったのか

なぜコンビニのクリスマスケーキ・恵方巻きの廃棄は問題視されるようになったのか

食品ロスを削減する取り組みが世界的に行われており、日本でも食品ロスへの関心が高まっています。世界的に食品ロスが問題になっている背景には、所得の二極化、子どもの貧困など、社会の変化があります。ソーシャルメディアを通じて、コンビニのクリスマスケーキ・恵方巻きの大量廃棄が知られるように...

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンが成人向け雑誌の販売をやめる理由

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンが成人向け雑誌の販売をやめる理由

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手三社は、成人向け雑誌の取り扱い中止を発表しました。コンビニ各社が成人向け雑誌の取り扱いを中止する理由は同じもので、子供、女性、高齢者、訪日外国人(インバウンド)が買い物がしやすい店舗作りをするためです。コンビニは若い男性向け...

飲食チェーン店・小売チェーン店の従業員が不適切な動画を投稿する理由・影響・対策

飲食チェーン店・小売チェーン店の従業員が不適切な動画を投稿する理由・影響・対策

飲食チェーン店・小売チェーン店の店員が、SNSに不適切な動画を投稿する事案が連続で発生しています。ゼンショーホールディングスが運営する牛丼チェーン店「すき家」で働く店員2名は、Instagramに不適切な動画を投稿し、ゼンショーホールディングスは2019年1月31日に謝罪を発表し...

2018年の百貨店・チェーンストア・コンビニ・訪日外国人(インバウンド)の動向

2018年の百貨店・チェーンストア・コンビニ・訪日外国人(インバウンド)の動向

2018年の小売業を振り返る資料が発表されており、日本百貨店協会、日本チェーンストア協会、日本フランチャイズチェーン協会、日本政府観光局の各レポートをまとめました。小売業には各業種ごとにトレンドがありますが、2018年も大きなトレンドには変化がなく、例年通りと言えるのではないかと...

なぜ小売業は季節商品の販売で売上を伸ばすことが難しくなったのか

なぜ小売業は季節商品の販売で売上を伸ばすことが難しくなったのか

小売業の店舗には、一年中販売する定番商品、特定の季節だけ販売する季節商品が並んでいます。季節商品は特定の季節にだけ需要があり、売り場作りの成否によって、季節商品の売上は大きく増減します。小売業にとって、季節商品は売上を大きく伸ばせるだけではなく、店舗にエンターテイメント性をもたら...

小売業は少子高齢化・人口減少による社会の変化にどのように対応すればよいか

小売業は少子高齢化・人口減少による社会の変化にどのように対応すればよいか

厚生労働省が2018年12月21日に発表した「平成30年の人口動態統計の年間推計」によると、出生数は過去最少、死亡者数は過去最多、人口の自然減も過去最多となっています。2005年に初めて人口の自然減が起こり、2007年以降は12年連続で人口の自然減が続いていて、今後も継続する見込...

店頭ディスプレイで商品を販売する「VTuber(ブイチューバー)」の店員が登場

店頭ディスプレイで商品を販売する「VTuber(ブイチューバー)」の店員が登場

滋賀県を中心に総合スーパー、スーパーマーケットを運営する平和堂は、2018年12月20日、平和堂公式VTuber(ブイチューバー(バーチャル・ユーチューバー))「鳩乃 幸(はとの さち)」のデビューを発表しています。「鳩乃 幸(はとの さち)」は平和堂のバーチャル従業員として、店...

タブレット付きショッピングカートには来店回数・購入点数を増やす効果がある

タブレット付きショッピングカートには来店回数・購入点数を増やす効果がある

タブレット付きショッピングカートは小売業の店舗をデジタル化するツールの一つで、2018年に入ってから導入する企業が出てきています。ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニーは、キャッシュレス・商品レコメンドの機能を持つスマートレジカートを試験的に導入しています。ショッピン...

ショッピングセンターの新規開業数は減少傾向にあるが地域一番店には大きなチャンス

ショッピングセンターの新規開業数は減少傾向にあるが地域一番店には大きなチャンス

ショッピングセンターは買い物、飲食、エンターテイメントが揃った、小売業の中でも人気のある店舗です。日本では少子高齢化による人口減少、ネット通販の拡大、ライフスタイルの変化などにより、ショッピングセンターの運営が難しくなっています。日本ショッピングセンター協会のデータ「全国のSC数...

オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」はコンビニよりお客さんに近い店舗

オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」はコンビニよりお客さんに近い店舗

600株式会社の社長のインタビュー記事があり、オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」がどのようなビジネスなのか説明されています。オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」は、企業のオフィスに冷蔵ショーケースを設置して、商品を販売する小売業です。オフィス向け無人コン...

小売業はVRの技術を従業員教育に活用することで実践的な接客トレーニングができる

小売業はVRの技術を従業員教育に活用することで実践的な接客トレーニングができる

VR(バーチャルリアリティ)とは、コンピューターによって作られた仮想的な世界を現実世界のように体感できる技術のことで、小売業を含め、様々なビジネスでの活用が期待されています。アメリカの大手小売業ウォルマートは、従業員のトレーニングにVRの技術の導入を進めていて、日本にはない新しい...