小売業が若者にとって魅力ある就職先になるために改善したい労働環境の問題点

小売業が若者にとって魅力ある就職先になるために改善したい労働環境の問題点

日本では少子高齢化が進行しているため、若い世代の人口は高齢者世代の人口よりも少なく、定年退職の人員減を新規採用の人員増で賄うことが難しくなっています。若者は自分が希望する業界、企業で働きやすくなる一方、若者を採用する側の企業は採用競争が激化していて、若者が希望するワークライフバラ...

なぜスーパー・コンビニではイートインスペースを設置する店舗が増えているのか

なぜスーパー・コンビニではイートインスペースを設置する店舗が増えているのか

総合スーパー、食品スーパー、コンビニでは、数年前からイートインスペースを設置する店舗が増えていて、弁当・惣菜を販売する業種に共通した動きになっています。現在、女性の社会進出、単身世帯の増加によって中食市場が拡大していて、イートインスペースの設置は、お客さんが弁当・惣菜を買いやすく...

ライフスタイル・価値観の変化は小売業のビジネスにどのような影響を与えるか

ライフスタイル・価値観の変化は小売業のビジネスにどのような影響を与えるか

小売業のビジネス環境は変化していて、現在では、少子高齢化の進行による人口の減少、ネット通販の拡大の影響が特に大きくなっています。お客さんでもあり労働者でもある「人」の変化を考えると、雇用形態、所得、世帯構成、結婚の有無、子供の有無などでライフスタイルは多様化していて、ライフスタイ...

コンビニは店舗数の増加・競争環境の激化・少子高齢化の進行で既存店の客数が減少

コンビニは店舗数の増加・競争環境の激化・少子高齢化の進行で既存店の客数が減少

コンビニ業界は店舗が多すぎて飽和状態であるとよく言われますが、日本フランチャイズチェーン協会が発表している統計調査によると、2017年12月末のコンビニエンスストアの店舗数は55,322店舗(前年比3.2%増)と増加しています。店舗数が増えている一方で、既存店の客数は減少が続き、...

食の安全性の問題で業績が悪化したマクドナルドはなぜ復活することができたのか

食の安全性の問題で業績が悪化したマクドナルドはなぜ復活することができたのか

日本マクドナルドホールディングスは、2014年7月に発生した消費期限切れ鶏肉使用問題により業績が悪化しましたが、2017年12月期決算では営業利益が18,912百万円(前期比172.9%増)と復調しています。マクドナルドが復活した理由には、お客さんの声を取り入れて店舗の改装を行っ...

家具の販売が不調で業績が悪化している大塚家具の取り組みから小売業が学べること

家具の販売が不調で業績が悪化している大塚家具の取り組みから小売業が学べること

小売業を取り巻く競争環境は厳しいですが、高級家具を販売している大塚家具は業績が悪化していて、ビジネスニュースでもよく取り上げられています。大塚家具は業績を回復させるために様々な取り組みを行っていて、その中には危機にあるからこそできる大胆なものもあり、小売業は大塚家具の取り組みから...

食品スーパーは売上総利益率の高い弁当・惣菜の販売を強化することで利益を増やせる

食品スーパーは売上総利益率の高い弁当・惣菜の販売を強化することで利益を増やせる

食品スーパーの業績は小売業の中でも堅調な方ですが、コンビニとの競争に加え、ドラッグストア、ネットショップも食品の販売を強化しています。生鮮食品、日配食品、加工食品の価格競争が激しくなる一方、お客さんのライフスタイルの変化・多様化によって、中食需要が拡大していて、惣菜・弁当の売上高...

人手不足を背景に小売業で導入が進むセルフレジの利用動向調査

人手不足を背景に小売業で導入が進むセルフレジの利用動向調査

市場調査・マーケティングリサーチを行っているインテージが、セルフレジの利用動向を調査したレポートがあります。人手不足の解消、レジの待ち時間の短縮を実現したい小売業は、スーパーマーケットを中心にセルフレジを導入する店舗が増えており、実際にセルフレジを利用した経験があるお客さんも増え...

掲載企業と利用者を増やしている電子チラシサービス「Shufoo!」

掲載企業と利用者を増やしている電子チラシサービス「Shufoo!」

凸版印刷が提供している電子チラシサービス「Shufoo!」の利用者が増えていて、2018年2月末の月間ページビュー数は3.7億PVと巨大なメディアになっています。スマートフォンの普及によって、様々なものがデジタル化されていますが、小売業の集客に不可欠なチラシも紙からデジタルへと移...

お客さんはドラッグストアでどのように買い物をしているのか

お客さんはドラッグストアでどのように買い物をしているのか

人材サービス企業のソフトブレーン・フィールドが行った、ドラッグストアに関するインターネットリサーチ、レシート分析の調査発表があります。売上規模の大きなドラッグストアチェーンで買い物をしているお客さんが多く、購入しているカテゴリは日用雑貨と食品の割合が大きく、医薬品、美容・健康がそ...

生鮮食品を扱う「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープン

生鮮食品を扱う「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープン

2018年3月20日、世界最大の売り場面積を持つ「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープンして、たくさんのニュースで取り上げられています。「無印良品イオンモール堺北花田店」の特徴は、売り場面積の半分が食品に割り当てられていて、鮮魚、精肉、野菜、などの生鮮食品を取り扱っており、店...

アスクルはロボットと人工知能を活用して優れた買い物体験を提供

アスクルはロボットと人工知能を活用して優れた買い物体験を提供

アスクルがどのようにロボット、人工知能を活用しているかについて、アスクル社長のインタビュー記事があります。アスクルの物流倉庫にはピッキングロボットが導入されており、配送ルートの最適化、カスタマーサポートには人工知能が使われています。 従来の小売業が最新のテクノロジーをうまく活用...

閉店が続いたクリスピー・クリーム・ドーナツの新しい事業戦略

閉店が続いたクリスピー・クリーム・ドーナツの新しい事業戦略

クリスピー・クリーム・ドーナツはここ数年、店舗の閉店が続いていましたが、新規出店を含めた新しい事業戦略を発表しています。クリスピー・クリーム・ドーナツは地方の店舗を閉店して、関東、東海、関西の三大都市に経営資源を集中する戦略です。 都市部の店舗では座席数を約20%減らして、一人...