三越伊勢丹HDはIT・店舗・人の力を活用した「新時代の百貨店」を目指す

三越伊勢丹HDはIT・店舗・人の力を活用した「新時代の百貨店」を目指す

三越伊勢丹ホールディングスは2018年11月7日に行われた第二四半期決算説会の中で、持続的な成長に向けた新しい事業戦略を発表しています。三越伊勢丹ホールディングスの新しい事業戦略は、IT・店舗・人の力を活用した「新時代の百貨店(プラットフォーマー)」を目指すというものです。「新時...

楽天と西友が共同で運営するネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」がオープン

楽天と西友が共同で運営するネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」がオープン

2018年10月25日、楽天と西友が共同で運営するネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」がオープンしました。西友はこれまで単独でネットスーパー「SEIYUドットコム」を運営してきましたが、楽天と共同で運営する「楽天西友ネットスーパー」にリニューアルしています。「楽天西友ネットス...

JR東日本とサインポストが赤羽駅で無人レジ「スーパーワンダーレジ」の実証実験

JR東日本とサインポストが赤羽駅で無人レジ「スーパーワンダーレジ」の実証実験

2018年10月17日より、JR東日本とサインポストは赤羽駅に設置した店舗において、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」の実証実験を開始しています。JR東日本とサインポストが「スーパーワンダーレジ」の実証実験を行うのは、2017年11月に続いて2回目となり、前回の実証実験...

ドンキホーテホールディングスがユニーの子会社化と100店舗の業態転換を発表

ドンキホーテホールディングスがユニーの子会社化と100店舗の業態転換を発表

2018年10月11日、ドンキホーテホールディングスはユニーの株式を100%取得して、子会社にすることを発表しています。ドンキホーテホールディングスとユニー・ファミリーマートホールディングスは2017年8月に業務資本提携を発表して、ドンキホーテホールディングスはユニーの株式を40...

ローソンが「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」で都市型立地の実証実験を開始

ローソンが「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」で都市型立地の実証実験を開始

2018年10月9日より、ローソンが「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」をリニューアルオープンして、都市型立地の実証実験を開始しています。「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」で検証される内容は、店舗の効率性・生産性の向上、お客さんの利便性の向上です。「ローソンJEBL秋葉原スクエ...

ファーストリテイリングはダイフクと提携して国内外で倉庫の自動化に取り組む

ファーストリテイリングはダイフクと提携して国内外で倉庫の自動化に取り組む

2018年10月9日、ユニクロ、GUを運営するファーストリテイリングは、マテリアルハンドリング(マテハン)システムで世界トップクラスのダイフクと、中長期的・包括的な物流に関するパートナーシップ合意書を締結したことを発表しています。ファーストリテイリングは有明倉庫の自動化をダイフク...

ヤフーとソフトバンクのスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」

ヤフーとソフトバンクのスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」

2018年10月5日より、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」のサービスが始まっています。スマートフォン決済サービスには、「楽天ペイ」、「LINE Pay」、「Origami Pay」などがありますが、インターネット大手ヤ...

ネスレ日本と佐川急便が共同で地域の住人が配達を担う「MACHI ECO便」を開始

ネスレ日本と佐川急便が共同で地域の住人が配達を担う「MACHI ECO便」を開始

2018年10月1日より、ネスレ日本と佐川急便が共同で、「MACHI ECO便」という名前の新しい宅配サービスを開始しています。ネスレ日本はネット通販で定期購入サービスを提供していますが、宅配業者であったヤマト運輸との契約が打ち切りになったことがきっかけで、「MACHI ECO便...

こだわりの食材をスマホで注文して店舗で受け取る「クックパッドマート」がスタート

こだわりの食材をスマホで注文して店舗で受け取る「クックパッドマート」がスタート

2018年9月20日、レシピサイトを運営するクックパッドが、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を東京都の一部地域で開始しています。「クックパッドマート」はこだわりの食材を取り扱うマーケットプレイスで、食材を販売する事業者・生産者と食材の受け取り場所を提供する店舗運営事業...

小売業に「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)」の考え方が必要になる理由

小売業に「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)」の考え方が必要になる理由

ビジネスニュースを見ていると、「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)」という言葉を目にする機会が増えています。「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)」とは、一人のお客さんから長期的(一生涯)に渡って得られる利益(価値)のことを意味しています。「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)...

小売業はAI(人工知能)を使った画像解析を活用することで収益性を改善できる

小売業はAI(人工知能)を使った画像解析を活用することで収益性を改善できる

AI(人工知能)への注目が高まっていて、人間の仕事を奪うのではないかという見方もされていますが、小売業でもAI(人工知能)を活用したシステムが登場しています。注目のシステムはAI(人工知能)を活用して画像を解析するもので、お客さん、商品、店内、商品陳列棚を分析することで、小売業の...

小売業が若者にとって魅力ある就職先になるために改善したい労働環境の問題点

小売業が若者にとって魅力ある就職先になるために改善したい労働環境の問題点

日本では少子高齢化が進行しているため、若い世代の人口は高齢者世代の人口よりも少なく、定年退職の人員減を新規採用の人員増で賄うことが難しくなっています。若者は自分が希望する業界、企業で働きやすくなる一方、若者を採用する側の企業は採用競争が激化していて、若者が希望するワークライフバラ...

なぜスーパー・コンビニではイートインスペースを設置する店舗が増えているのか

なぜスーパー・コンビニではイートインスペースを設置する店舗が増えているのか

総合スーパー、食品スーパー、コンビニでは、数年前からイートインスペースを設置する店舗が増えていて、弁当・惣菜を販売する業種に共通した動きになっています。現在、女性の社会進出、単身世帯の増加によって中食市場が拡大していて、イートインスペースの設置は、お客さんが弁当・惣菜を買いやすく...

ライフスタイル・価値観の変化は小売業のビジネスにどのような影響を与えるか

ライフスタイル・価値観の変化は小売業のビジネスにどのような影響を与えるか

小売業のビジネス環境は変化していて、現在では、少子高齢化の進行による人口の減少、ネット通販の拡大の影響が特に大きくなっています。お客さんでもあり労働者でもある「人」の変化を考えると、雇用形態、所得、世帯構成、結婚の有無、子供の有無などでライフスタイルは多様化していて、ライフスタイ...