モスバーガーが初のテイクアウト専門店をオープン、withコロナに対応した店舗

8月27日、モスフードサービスはテイクアウト専門「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」をオープンしました。テイクアウト専門店には客席がなく、メニューは通常の店舗の約6割となっていて、テイクアウトに最適化されています。

モスバーガーのテイクアウト専門店は、店内での飲食が減り、テイクアウトが増える、飲食スタイルの変化に対応するためのものです。店内での飲食が減れば、既存店の客席は店舗の生産性低下を引き起こします。

テイクアウト専門店は飲食スタイルの変化に対応するためだけではなく、人口減少に対応するためにも重要です。人口減少に対応するためには、より少ない客数・従業員数で利益を確保できる店舗フォーマットが必要です。

モスバーガーのテイクアウト専門店

8月27日、モスフードサービスはテイクアウト専門のモスバーガーをオープンしました。テイクアウト専門店は「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」です。

テイクアウト専門店はwithコロナを見据えた、テイクアウトに最適化した店舗フォーマットになっています。

テイクアウト専門店の特徴には、テイクアウト専門店と視覚的に分かる「TO GO」の看板、客席がない省スペース・省コスト、メニューは通常の店舗の約6割、呼び出しボタン・デジタルサイネージの活用などがあります。

新型コロナウィルスの影響により、テイクアウト、デリバリーのニーズが高まっています。モスバーガーのテイクアウト専門店は、テイクアウトのニーズの高まりを受け、需要を探るためのものです。

テイクアウト専門店は省スペース・省コストであるため、これまで出店が難しかった商圏への出店も期待されています。

飲食スタイルの変化に対応するテイクアウト専門店

モスフードサービスはテイクアウト専門店「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」をオープンしました。

モスバーガーのテイクアウト専門店は、店内での飲食が減り、テイクアウトが増える、飲食スタイルの変化に対応するためのものです。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、飲食店の店内で食事をする機会が大きく減ることになりました。店内での飲食はクラスターを生み出すリスクがあるため、お客さんは店内での飲食を避けます。

お客さんは店内での飲食に代わり、テイクアウト、デリバリーの利用を増やしています。飲食店は店内の飲食の減少により、売上が減少しています。テイクアウト、デリバリーの拡大は、新しい売上を生み出すために不可欠です。

モスバーガーは以前からテイクアウトを提供しています。今回出店したテイクアウト専門店は客席がなく、テイクアウトに最適化した店舗フォーマットです。

テイクアウト専門店と従来の店舗を比較すると、テイクアウト専門店には客席がないという大きな変化があります。

テイクアウト専門店は客席をなくすことにより、省スペース・省コストを実現しています。テイクアウト専門店は従来の店舗と比較して、より少ない賃料、人件費で運営することが可能になります。

新型コロナウイルスが今後どうなるか分かりませんが、店内の飲食が以前のように戻るとは考えられていません。店内での飲食が以前のように戻らなければ、飲食店の既存店は客席の余剰、生産性の低下が問題になります。

テイクアウト専門店はテイクアウトニーズの高まりに対応するだけではなく、店内飲食ニーズの縮小に対応するものでもあります。

テイクアウト専門店は人口減少に対応するためにも重要

モスバーガーのテイクアウト専門店は、新型コロナウイルスの感染拡大により、変化した飲食スタイルに対応するためのものです。

テイクアウト専門店は飲食スタイルの変化に対応するためだけではなく、人口減少に対応するためにも重要です。

2019年の出生数は86万4,000人で、前年の91万8,400人から5.9%減少しました。出生数の減少は出産可能な女性の減少に起因しており、今後も出生数の減少、人口の減少が長く続くことが予想されています。

人口が減少すると、モスバーガーを利用するお客さん、モスバーガーで働くアルバイト・パートも減少します。お客さん、アルバイト・パートが減少すると、モスバーガーの既存店は生産性が低下します。

人口減少により、将来、店舗の生産性が低下することは飲食店の経営課題の一つです。新型コロナウイルスが発生したことにより、人口減少とセットになり、店舗の生産性の低下が加速します。

モスバーガーにとって、テイクアウト専門店の成否は重要です。

モスバーガーの店内に客席があるに越したことはありません。しかし、人口減少と新型コロナウイルスが同時に存在する状況において、店舗の生産性を向上させることは困難です。

店内の客席をなくした、テイクアウト専門店は生産性の向上を実現させる方法の一つです。客席がある通常の店舗と比較すると、客席がないテイクアウト専門店は生産性を飛躍的に向上させられる可能性があります。

コストの小さいテイクアウト専門店において、高付加価値・高価格の商品を販売すれば、人口が減少する中でも利益を確保できます。

タイトルとURLをコピーしました