スーパーマーケットはデジタルマーケティングで生産性の向上を実現できる

スーパーマーケットはデジタルマーケティングで生産性の向上を実現できる

マーケティングにデジタルを活用するデジタルマーケティングは、すべての企業にとって不可欠なものになるとされています。デジタルマーケティングが重要になる理由は、購買活動において、インターネット・スマートフォンの役割が拡大しているためです。企業はデジタルマーケティングを強化することによ...

アパレル販売員は仕事は好きだが給料に不満、接客に給料を増やすチャンスがある

アパレル販売員は仕事は好きだが給料に不満、接客に給料を増やすチャンスがある

総合人材サービス企業のアデコは、8月30日に「アパレル販売員を対象にした意識調査」を発表しています。調査対象は400人(男性52人、女性348人)で、20代と30代がそれぞれ200人です。アデコの調査によると、アパレル販売員は仕事が好きで、やりがいを感じているものの、給料やキャリ...

NTTデータはレジ無し店舗の出店を支援、小売業は生産性の向上を実現できるか

NTTデータはレジ無し店舗の出店を支援、小売業は生産性の向上を実現できるか

NTTデータは9月12日、小売業へレジ無し店舗の出店を支援するサービスを開始しました。NTTデータは小売業がレジ無し店舗の出店を進められるように、丁寧なサポートを用意しています。サポートの内容は、デジタル実験店舗の提供、ビジネスプランの作成、仮説検証などです。レジ無し店舗は小売業...

ヤフーがZOZOの買収を発表、シナジー効果による客数・商品取扱高の増加に期待

ヤフーがZOZOの買収を発表、シナジー効果による客数・商品取扱高の増加に期待

ヤフーとZOZOは9月12日に会見を行い、ヤフーは約4,000億円を投資して、ZOZOを買収する計画を発表しました。ヤフーがZOZOを買収することになったきっかけは、ZOZOの前澤前社長がソフトバンクの孫社長に引退の相談を持ち掛けたことです。ヤフーによるZOZOの買収には、相互送...

エディオンの旗艦店「なんば本店」がオープン、家電量販店の新しい価値を模索する店舗

エディオンの旗艦店「なんば本店」がオープン、家電量販店の新しい価値を模索する店舗

エディオンは6月7日、大阪に旗艦店「エディオンなんば本店」をオープンしています。エディオンが「エディオンなんば本店」に期待していることは、地域でのブランドイメージ、シェアの向上です。「エディオンなんば本店」では、体験・体感とインバウンドを強化しています。エディオンは体験・体感とイ...

三越伊勢丹とヤフーが共同で商品開発、ビッグデータとAIで優れた商品を作れるか

三越伊勢丹とヤフーが共同で商品開発、ビッグデータとAIで優れた商品を作れるか

三越伊勢丹とヤフーはビッグデータとAIを活用して、子育て中の小柄な女性向けロングスカートを共同で開発しています。ヤフーが持つビッグデータを分析することで、スカートの潜在的なニーズを抽出し、商品開発に活かしています。消費者のニーズに合った商品を開発できれば、売れる確率が高まります。...

「MEGAドン・キホーテUNY」の売上が好調、総合スーパーの問題はなにか

「MEGAドン・キホーテUNY」の売上が好調、総合スーパーの問題はなにか

パン・パシフィック・インターナショナルHDは、ユニーの総合スーパーをドン・キホーテ化する、業態転換を進めています。ユニーの総合スーパー「アピタ」、「ピアゴ」は、高齢のお客さんが多く、食品以外の商品が売れないという問題を抱えています。これまで、アピタ、ピアゴの16店舗が新業態「ME...

ココカラとマツキヨHDが経営統合に向けた協議を開始、化粧品の販売で優位に

ココカラとマツキヨHDが経営統合に向けた協議を開始、化粧品の販売で優位に

ドラッグストア大手のココカラファインとマツモトキヨシHDは、経営統合に向けた協議を開始しています。ココカラファインはスギHDとマツモトキヨシHDの二社からの提案を検討した結果、経営統合の相手としてマツモトキヨシHDを選びました。ココカラファインはマツモトキヨシHDとの経営統合によ...

ヤマトHDが営業損失、物流クライシスへの対応で運賃を値上げも収益性は向上せず

ヤマトHDが営業損失、物流クライシスへの対応で運賃を値上げも収益性は向上せず

ヤマトHDは2020年3月期第1四半期の決算で、61億円の営業損失を記録しています。ヤマトは2017年10月に運賃の値上げを行い、収益性の向上が期待されましたが、望むような結果が得られていません。ヤマトは運賃の値上げとともに、取扱数量の抑制も行っており、大手EC企業の荷物が減少し...

ヤフーとアスクルが対立、通販サイト「ロハコ」は売上高は伸びるものの営業損失

ヤフーとアスクルが対立、通販サイト「ロハコ」は売上高は伸びるものの営業損失

筆頭株主のヤフー、第2位株主のプラスの反対により、アスクルの社長の退任が決定しました。ヤフーはアスクルと共同で通販サイト「ロハコ」を運営していて、両社の関係は良いとされて来ました。今回、ヤフーがアスクルの社長の再任に反対したため、両社の関係は悪化しているようです。ロハコは2012...

プレナスが「ほっともっと」の直営店190店舗を閉店、人件費の上昇で採算が悪化

プレナスが「ほっともっと」の直営店190店舗を閉店、人件費の上昇で採算が悪化

持ち帰り弁当店「ほっともっと」を運営するプレナスは、今後、直営店190店舗を閉店する計画を発表しました。プレナスが閉店する直営店は、人件費の上昇に耐えられず、収益性の向上が見込めない不採算店舗です。ほっともっとは2019年2月期の決算で営業損失を記録しており、ほっともっと事業の収...

ファミリーマートの加盟店の半数が時短営業を検討、24時間営業の問題は複雑化

ファミリーマートの加盟店の半数が時短営業を検討、24時間営業の問題は複雑化

2月にセブンイレブン本部と加盟店が24時間営業をめぐり対立していることがニュースになり、24時間営業の問題はコンビニ業界全体に拡大しています。先日、ファミリーマートが加盟店に行ったアンケート調査でも、加盟店の半分が時短営業を検討したいと回答しています。コンビニの24時間営業の問題...

業績好調・新業態を大量出店中のワークマンから小売業が学べること

業績好調・新業態を大量出店中のワークマンから小売業が学べること

プロ向けの作業用衣料品を販売するワークマンは、売上高増加率、営業利益率が高く、現在、最も勢いのある小売業の一つです。ワークマンは2018年9月に、一般消費者向けの新業態「ワークマンプラス」の1号店をオープンして、新しいマーケットの開拓に成功しています。小売業は厳しい経営環境にあり...

小売業はどのようにしてアップセル・クロスセルを増やせばよいか

小売業はどのようにしてアップセル・クロスセルを増やせばよいか

アップセルとは顧客により高価格・高機能の商品を買ってもらうこと、クロスセルとは顧客により多くの商品を買ってもらうことを意味するマーケティング用語です。小売業は不特定多数のお客さんに商品を販売しているので、アップセル、クロスセルを強く意識する機会は少ないです。しかし、人口の減少で客...