Yperが「OKIPPA for 不動産」を開始、賃貸物件に置き配バッグを導入

5月27日、Yperは不動産管理会社向けに、置き配バッグ導入サービス「OKIPPA for 不動産」を開始しました。賃貸物件のオーナーはOKIPPAを導入することで、居住者の置き配ニーズに対応できます。

Yperは「OKIPPA for 不動産」の開始により、賃貸物件に効率よくOKIPPAを導入して行くことができます。

新型コロナウイルスによる生活様式の変化で、ECの荷物についても、非接触型の受け取り方法が進みます。「OKIPPA for 不動産」には、賃貸物件からの需要があり、導入件数を順調に増やせそうです。

「OKIPPA for 不動産」とはなにか

5月27日、Yperは不動産管理会社向けに、置き配バッグ導入サービス「OKIPPA for 不動産」を開始しました。

「OKIPPA for 不動産」とは、置き配バッグのOKIPPAを賃貸物件に導入するサービスです。不動産管理会社は「OKIPPA for 不動産」を利用することで、初期費用ゼロ、維持費ゼロ、工事なしで、宅配ボックス環境を住居に整備できます。

OKIPPAは玄関ドアノブに取り付けて使用する、置き配バッグです。設置工事は不要、使わない時は取り外し、小さく折りたたんで保管することが可能です。

OKIPPAの価格は3,980円(税込)で、公式ストア、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで購入できます。2018年9月の販売開始以降、全国15万世帯以上で利用されています。

盗難、個人情報漏洩対策として、2種の鍵(ドアノブ専用ロック、シリンダー式南京錠の内鍵)、スマホアプリへの受け取り通知があります。また、OKIPPAで受け取った荷物の盗難を補償する保険も提供されています。

「OKIPPA for 不動産」では、導入を希望する居住者がOKIPPAを購入し、不動産管理会社には、購入数に応じた紹介手数料が支払われます。また、オーナーが賃貸物件の設備として全戸に導入する場合、割引が受けられます。

「OKIPPA for 不動産」は既に1,000戸以上に導入が決まっており、2020年までには、20万戸への導入を目標にしています。

「OKIPPA for 不動産」を開始する理由

Yperは不動産管理会社向けに、置き配バッグ導入サービス「OKIPPA for 不動産」を開始しました。

Yperが「OKIPPA for 不動産」を開始した理由は、効率よくOKIPPAの導入を拡大するためです。

OKIPPAはECの荷物を受け取りやすくするための置き配バッグです。OKIPPAを玄関ドアノブに設置しておけば、ECの荷物を意識することなく行動できます。

OKIPPAを利用するのは、ECのヘビーユーザーです。ECのヘビーユーザーはECの荷物を何度も受け取ることに負担を感じ、OKIPPAを見つけ、使用します。

ECをあまり利用しない人はOKIPPAのことを知らず、使用しません。ECをあまり利用しない人に対して、OKIPPAを使ってもらうことは難しいです。

「OKIPPA for 不動産」では、オーナーの投資により、OKIPPAの賃貸物件全戸への導入が期待できます。

賃貸物件の設備としてOKIPPAが導入されれば、ECをあまり利用しない人にも、OKIPPAを使ってもらえます。

OKIPPAの目的は物流に大きな負担となっている再配達を減らすことです。「OKIPPA for 不動産では、賃貸物件へのOKIPPAの導入が効率よく行われるため、再配達削減の効果も大きいです。

「OKIPPA for 不動産」は導入を増やせるか

「OKIPPA for 不動産」は賃貸物件にOKIPPAを導入するサービスです。

ECの拡大とともに、置き配のニーズも高まっており、「OKIPPA for 不動産」は導入を増やせます。

置き配はECの荷物を受け取る方法として、利用が進んでいます。

3月23日には、Amazonが30都道府県で置き配を標準設定にしました。Amazonが30都道府県で置き配を標準設定にした理由は、再配達の負担が大きいためです。

OKIPPAを使用すれば、Amazonの置き配の標準設定にも安心して対応できます。OKIPPAには盗難対策がされており、トラブルのリスクは低いです。

新型コロナウイルスによる生活様式の変化も、置き配の利用を進めます。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、人との接触を減らす生活様式が普及しています。フードデリバリーでは非接触型の受け取り方法が増えており、ECの荷物についても、非接触型の受け取り方法が増えます。

社会全体で非接触型の受け取り方法が普及すれば、賃貸物件のオーナーも「OKIPPA for 不動産」の導入を検討するようになります。賃貸物件にOKIPPAが導入されていることで、新規の入居者にも選ばれやすくなります。

「OKIPPA for 不動産」は2020年までに20万戸への導入を目標にしており、急成長が見込まれています。

「OKIPPA for 不動産」は小型の物件に導入のチャンス

置き配のニーズが高まっており、「OKIPPA for 不動産」は導入を増やせます。

「OKIPPA for 不動産」が導入を増やすチャンスが大きいのは小型の賃貸物件です。

置き配に対応する方法として、宅配ボックスは居住者が一番期待するものです。宅配ボックスは物件の入り口に設置され、セキュリティの点で優れています。

しかし、宅配ボックスの設置にはスペースが必要で、費用が掛かります。宅配ボックスは居住者が多い、大型の分譲マンション・賃貸物件でなければ、導入が難しいです。

小型の賃貸物件は宅配ボックスの導入が難しいため、OKIPPAは導入されやすいです。

OKIPPAは盗難対策が施されており、宅配ボックスほどではないものの、十分に安全であると言えます。また、OKIPPAは自分専用のものなので、宅配ボックスのように他の利用者のことを意識することもありません。

「OKIPPA for 不動産」は小型の賃貸物件の置き配ニーズに応え、導入を増やせます。

タイトルとURLをコピーしました