ライブ配信で商品を紹介するライブコマースは有望な販売方法

ライブ配信で商品を紹介するライブコマースは有望な販売方法

ライブコマースとは、ライブ配信を通じて配信者と視聴者がコミュニケーションをしながら商品の売買を行う、新しいネットショッピングの形式です。ライブコマースは中国で人気になっていて、中国での人気を見て、日本でもライブコマースを開始する企業が増えています。ライブコマースは中国で人気になっ...

スーパーマーケット・コンビニ・ドラッグストアの食品販売の課題

スーパーマーケット・コンビニ・ドラッグストアの食品販売の課題

食品を販売する小売業が増えていて、スーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアの競争が激しくなっています。ドラッグストア、コンビニの店舗数の増加と、人口の減少が同時に起こっているため、各店舗がお客さんを奪い合う状況が続きます。スーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアにはそれぞ...

業績の悪化が続いているミニストップはコンビニ業界に変革を起こせるか

業績の悪化が続いているミニストップはコンビニ業界に変革を起こせるか

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの大手三社の業績は堅調ですが、店舗数4位のミニストップの業績は悪化が続いています。店舗数トップのセブンイレブンが20,000店舗を超えているのに対して、ミニストップは十分の一の2,000店舗ほどしかありません。大手三社との規模の差が商品開...

小商圏・若年層をターゲットにすることが小売業の新しい経営戦略になる

小商圏・若年層をターゲットにすることが小売業の新しい経営戦略になる

スーパ-ーマーケットを運営するヤオコーは、30期連続で増収増益を達成していて、小売業の中でも営業利益率が高い優良企業です。ヤオコーの経営戦略は、1km商圏シェアを高めること、若年層への対応を強化することを重視しています。小売業の経営戦略は商品・顧客によって異なりますが、小商圏・若...

小売業は楽天と提携することで実店舗・ECサイトの集客力を強化

小売業は楽天と提携することで実店舗・ECサイトの集客力を強化

ビックカメラ、西友、アルペン、コーナン商事など、小売業が楽天と提携して、実店舗、ECサイトを強化する動きがあります。ビックカメラは2018年4月、西友は2018年10月に、それぞれ楽天と共同で運営するECサイトをオープンしました。また、アルペン、コーナン商事は4月1日より、楽天ス...

トライアルが店舗へ導入するカメラ・タブレット付きショッピングカートの効果

トライアルが店舗へ導入するカメラ・タブレット付きショッピングカートの効果

ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニーは、2018年2月14日、スマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」をオープンしました。「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」には、お客さんの購買行動と商品棚の情報を収集するカメラ、決済機能とタブ...

スマートフォンを使ったネットショッピングの拡大で実店舗離れが進む

スマートフォンを使ったネットショッピングの拡大で実店舗離れが進む

スマートフォンを使ってネットショッピングをする人が増えていますが、スマートフォンは画面が小さく、多くの商品を見たり、比較することに不向きです。スマートフォンで買い物をするお客さんは、商品をじっくり見なくても、商品レビューがあれば、問題なく買い物ができるということになります。お客さ...

スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

PayPay、楽天ペイ、Origami Pay、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイなど、スマホ決済が次々に登場しています。キャッシュレスは世界的に起きているもので、スマホ決済を提供する企業は大量の購買データを取得することで、広告、金融など、新しいビジネスで成功する狙...

フランチャイズの問題が噴出したことでコンビニはどのように変化するか

フランチャイズの問題が噴出したことでコンビニはどのように変化するか

2月に大阪のセブンイレブンオーナーが24時間営業を巡って本部と対立しているというニュースが出たことで、コンビニのフランチャイズの問題への関心が高まっています。24時間営業はフランチャイズの問題の一つで、それ以外にも、食品ロス、ドミナント戦略なども問題視されています。大手コンビニは...

人気の飲食店口コミサイトを運営するぐるなびの業績はなぜ悪化しているのか

人気の飲食店口コミサイトを運営するぐるなびの業績はなぜ悪化しているのか

飲食店口コミサイトを運営するぐるなびの業績が二期連続で悪化していて、飲食店、ユーザーのぐるなび離れが見られます。ぐるなびは業績悪化の理由として、「ネット予約・ポイントに対するニーズの高まりへの対応遅れ」、「情報検索手段・販促手段の多様化への対応遅れ」、「幅広いお店に対する自社メデ...

なぜ小売業ではドミナント戦略の重要性が高まっているのか

なぜ小売業ではドミナント戦略の重要性が高まっているのか

ドミナント戦略とは、小売チェーン店、飲食チェーン店が特定の地域に店舗数を増やすことで、ビジネスを優位に進める経営戦略のことです。ドミナント戦略には、日本全国のどの地域に店舗を増やすかというマクロ的な意味と、さらに狭い地域で店舗を増やすミクロ的な意味があります。ドミナント戦略には、...

小売業の従業員は副業でスキルアップをして収入の増加に繋げたい

小売業の従業員は副業でスキルアップをして収入の増加に繋げたい

政府はこれまで企業に副業の禁止を奨励していましたが、副業を容認する方向へと転換しています。政府が副業を容認する背景には、人手不足への対応、税収入の増加、労働者の収入の増加、労働者のスキルアップなどがあります。外国人労働者の人数が増えていることからも分かるように、人手不足は日本にと...

なぜ小売業では業種の垣根を超えた競争が激しくなっているのか

なぜ小売業では業種の垣根を超えた競争が激しくなっているのか

小売業では業種によって販売する商品に違いがあり、差別化されていましたが、最近は品揃えの拡大により、業種の垣根を超えた競争が激しくなっています。ドラッグストア、ディスカウントストアで食品、日用品が買える、家電量販店で家具、インテリアが買える、家具専門店で家電が買えるというように、業...

AI、ロボットの導入で小売業の従業員は労働環境・待遇の改善が期待できる

AI、ロボットの導入で小売業の従業員は労働環境・待遇の改善が期待できる

企業は人手不足の問題を解決するため、あるいは業績を拡大するため、AI、ロボットの導入に取り組んでいます。小売業でも、AI、ロボットを使った実証実験が行われていて、将来的にはAI、ロボットが導入されることになります。小売業で働く労働者の立場では、AI、ロボットに仕事を奪われてしまう...