クックパッドマートが先払い型ライブコマースを開始、商品購入後にライブ配信

6月1日、クックパッドはネットスーパー「クックパッドマート」において、商品購入後にライブ配信を楽しめる、先払い型ライブコマースを開始しました。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースの狙いは、お客さんと生産者の関係性を強化することです。ライブ配信により、お客さんの商品、生産者への理解が深まります。

クックパッドマートが先払い型ライブコマースの利用者を増やすには、ライブ配信を行う配信者を増やすことが重要です。クックパッドマートは巨大な顧客基盤を持っており、ライブ配信を行う生産者を増やせれば、利用者も増えます。

先払い型ライブコマースとはなにか

6月1日、クックパッドはネットスーパー「クックパッドマート」において、先払い型ライブコマースを開始しました。

先払い型ライブコマースとは、お客さんは商品を購入した後、商品が届くまでの間にライブ配信を楽しめるというものです。

先払い型ライブコマースの第一弾はマグロの解体ショーです。

本マグロの販売は6月1日の8時より始まっています。本マグロの解体ショーは6月7日の7時より、YouTubeでライブ配信されます。本マグロの解体ショーが行われた後、商品はその日のうちにお客さんに届けられます。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースでは、商品の購入、ライブ配信、配送という流れになります。商品の購入と配送の間にライブ配信が加わることで、クックパッドマートでの買い物がさらに楽しくなります。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースには、お客さんと生産者の関係性を強めることが期待されています。

先払い型ライブコマースの狙いはなにか

クックパッドマートは先払い型ライブコマースを開始しました。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースの狙いは、お客さんと生産者の関係性を強化することです。

クックパッドマートでは、スマホアプリで食材を注文し、自宅、または、生鮮宅配ボックス「マートステーション」で受け取ります。商品を注文して、受け取るというのは、ECの基本的な買い物体験です。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースでは、商品の注文・受け取りの間に、ライブ配信を見るという新しい体験があります。お客さんはライブ配信を見ることにより、商品、生産者の情報をより多く得られます。

お客さんにとって、商品、生産者への理解が深まるのはよいことです。商品の購入から食事まで、お客さんは買い物体験をさらに充実したものにできます。

生産者の立場でも、お客さんとの関係性が強まるのはよいことです。

クックパッドマートで食品を販売する生産者には、商品への想いがあります。どのような商品を販売するのであれ、お客さんに想いを知ってもらうのは嬉しいことです。

お客さんに商品、生産者のことを深く理解してもらえれば、リピーターになってもらえる可能性も高まります。

クックパッドマートの先払い型ライブコマースは、お客さんと生産者の関係性を強化します。お客さんと生産者の関係性が強まることは、両者にメリットがあります。

先払い型ライブコマースは利用者を増やせるか

クックパッドマートが開始した先払い型ライブコマースは、お客さんと生産者の関係性を強化するものです。

先払い型ライブコマースはお客さん、生産者の両者にメリットがあるため、利用者を増やせそうです。

先払い型ライブコマースが利用者を増やすためには、ライブ配信を行う生産者を増やすことが重要です。

生産者がライブ配信を行うにはコストが掛かります。生産者はライブ配信のコストに見合った売上を得なければなりません。

十分な量の商品を供給できる生産者にとって、先払い型ライブコマースはチャンスです。クックパッドマートの顧客基盤に対して、ライブ配信を行うことで、効率よく売上を伸ばせる可能性があります。

一方、十分な量の商品を供給できない生産者は、先払い型ライブコマースの活用が難しいかもしれません。商品の供給量が少なければ、ライブ配信に掛かったコストを回収するのが難しくなるためです。

YouTubeで行われたライブ配信は、配信後もYouTubeに動画として残せます。クックパッドマートのYouTubeチャンネルにライブ配信動画が蓄積されれば、YouTubeからの集客も期待できます。

クックパッドマートには、レシピサイト「クックパッド」の巨大な顧客基盤があります。先払い型ライブコマースは、ライブ配信を行う生産者を少しずつ増やして行ければ、利用者を増やせます。

先払い型ライブコマースによる差別化

クックパッドが運営するクックパッドマートは、こだわりの食材を販売するネットスーパーです。

クックパッドマートが開始した先払い型ライブコマースは、競合のネットスーパーとの差別化に効果があります。

ネットスーパーの市場規模の拡大スピードは遅いです。新型コロナウイルスにより、ネットスーパーの需要が高まり、今後の成長の加速が期待されます。

お客さんがネットスーパーに求めるものは、総合的な品揃え、安さ、買い物・配送の利便性です。多くのネットスーパーは、お客さんのこうしたニーズに応えようとしています。

ネットスーパーでこだわりの食材を買いたいニーズは小さいものの、一定数存在していると考えられます。クックパッドマートはこだわりの食材を求める、少数のニーズに応えるネットスーパーです。

クックパッドマートはレシピサイトの巨大な顧客基盤を持ち、こだわりの食材を販売するネットスーパーとして優位なポジションにあります。

先払い型ライブコマースは、クックパッドマートの優位性を強化するサービスです。

ライブ配信を行うためには、まとまった数量を購入してくれる顧客基盤が不可欠です。クックパッドマートには巨大な顧客基盤があり、競合のネットスーパーが真似をすることは難しいです。

クックパッドマートはこだわりの食材を販売するネットスーパーとして、買い物体験の改善を続けています。レシピサイトとネットスーパーが連携することで、お客さんに優れた買い物体験を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました