ノジマが再雇用契約期限を最長80歳まで延長、働くシニアを応援

7月28日、ノジマは定年再雇用契約を80歳までとする、就業規則を新たに策定したと発表しました。ノジマはシニアの豊富な経験や能力を活用して、より社会貢献・地域貢献できる企業を目指すとしています。

再雇用契約期限を最長80歳まで延長する理由は、シニアの豊富な経験や能力を活用して、社会・地域により貢献するためです。若い人材の採用が難しくなっているため、シニアの従業員を活用する意図もあります。

ノジマが再雇用契約期限を最長80歳まで延長したことは、ノジマで働く若い従業員にとってもポジティブです。若者は将来に不安を抱えており、長く働くことを希望する人が増えています。

再雇用契約期限を最長80歳まで延長

7月28日、ノジマは定年再雇用契約を80歳までとする、就業規則を新たに策定したと発表しました。

ノジマの従業員は65歳以降、臨時従業員(雇用期間は原則1年)として、最長80歳まで雇用を延長できるようになります。

ノジマは政府が70歳までの就業機会の確保を努力義務などとする、改正高年齢者雇用安定法を成立させたことを受け、従来の65歳から大幅に雇用契約を延長します。

ノジマはシニアの豊富な経験や能力を活用して、より社会貢献・地域貢献できる企業を目指すとしています。

なぜ80歳まで働けるようにするのか

ノジマは再雇用契約期限を最長80歳まで延長しました。

再雇用契約期限を最長80歳まで延長する理由は、シニアの豊富な経験や能力を活用して、社会・地域により貢献するためです。

日本全では人手不足の状況にあります。

長く続いている少子化により、若年層の人口が減少しています。新卒の就職活動は売り手市場とも言われており、若い人材の採用が難しくなっています。

小売業は若者に不人気の業界なので、採用が特に難しいです。ノジマは家電量販店の大手ではあるものの、若い人材の採用は簡単ではありません。

ノジマにとって、人手不足の状況の中、シニアの従業員は貴重な戦力です。仕事を続ける意志があれば、退職をせずに長く働いてもらいたいです。

シニアの従業員は知識と経験がありますが、長く働き続けるのは大変です。

家電は新しい機能を持つ新商品が次々に登場します。また、ECの売上も伸びており、スマホアプリを使った買い物、ECと実店舗が連携した買い物など、新しい買い物体験が登場しています。

シニアの従業員が長く働き続けるためには、様々なことを勉強しなければなりません。家電についてはこれまでの知識と経験がありますが、シニアの従業員がECやスマホアプリに対応するのは大変です。

80歳まで働く意志のあるシニアの従業員は非常に意欲が高いです。ECやスマホアプリに詳しい若い従業員と一緒に働くことで、お互いの苦手な部分をカバーできます。

80歳まで働けるのは若い従業員にもポジティブ

ノジマは再雇用契約期限を最長80歳まで延長しました。

ノジマが再雇用契約期限を最長80歳まで延長したことは、ノジマで働く若い従業員にとってもポジティブです。

若者が将来に抱える不安は大きいです。

少子高齢化が進んでいます。今後、高齢層の人口に比べ、若年層の人口が少なくなり、若者が高齢者を支える社会になるとされています。

今の若者は年金が払い損になるとも言われています。将来、年金がどうなるのか分からないため、長く働かないといけないと考える若者が増えています。

ノジマの再雇用契約は1年ごとの延長なので、実際に何歳まで働けるのかは分かりません。ただ、ノジマがシニアの従業員を応援する姿勢を打ち出したことは、ノジマで働く若い従業員にとってもポジティブです。

他の小売業もノジマの後に続き、シニアが長く働ける環境を整備するべきです。

小売業は若者に不人気の業界です。長く働けるというのは、若者にアピールするポイントになります。

小売業は給料が安く、仕事が単調だと考えられています。一方、見方を変えれば、安定的に長く働けるとも言えます。

一部の業種を除けば、小売業が大規模なリストラを実施することは少ないです。小売業はシニアが長く働ける環境を整備して、安定志向の若者にアピールしたいです。

タイトルとURLをコピーしました