マクドナルドがテイクアウト商品を店舗の駐車場で受け取る「パーク&ゴー」を開始

6月12日、マクドナルドはテイクアウト商品を店舗の駐車場で受け取る「パーク&ゴー」を発表しました。現在、「パーク&ゴー」を導入しているのは約250店舗で、2020年末までには、約300店舗まで拡大する計画です。

マクドナルドが「パーク&ゴー」を開始した理由は、テイクアウト商品の受け取り方法を多様化することで、お客さんの利便性を高めるためです。「パーク&ゴー」では、お客さんは店舗に入ることなく、駐車場で商品を受け取れます。

マクドナルドはデリバリー、テイクアウトの販売が好調で、4月、5月の既存店売上高が伸びています。マクドナルドはデリバリー、テイクアウトを積極的に強化しており、既存店売上高の好調は今後も続きそうです。

テイクアウト商品を店舗の駐車場で受け取る「パーク&ゴー」

6月12日、マクドナルドは新サービス「パーク&ゴー」を発表しました。

「パーク&ゴー」とは、モバイルオーダーで注文、決済したテイクアウト商品を店舗の駐車場で受け取るサービスです。

「パーク&ゴー」は2020年5月より導入を開始し、約250店舗で展開しています。

「パーク&ゴー」の利用者は事前にモバイルオーダーで注文を済ませ、車で店舗に行きます。店舗の駐車場に着いた後、モバイルオーダーを操作して、駐車場番号の入力、決済を完了させます。

また、店舗の駐車場に車を停めた後、モバイルオーダーで注文、駐車場番号の入力、決済をまとめて行うことも可能です。

注文した商品ができあがると、スタッフが駐車場まで届けてくれます。

マクドナルドは2020年末までに、「パーク&ゴー」を約300店舗に拡大する計画です。

マクドナルドはなぜ「パーク&ゴー」を開始したのか

マクドナルドはモバイルオーダーで注文、決済したテイクアウト商品を店舗の駐車場で受け取る「パーク&ゴー」を開始しました。

マクドナルドが「パーク&ゴー」を開始した理由は、テイクアウト商品の受け取り方法を多様化することで、お客さんの利便性を高めるためです。

商品の受け取り方法が多いほど、お客さんは便利です。

マクドナルドにはドライブスルーがありますが、買い物体験にストレスを感じる人もいます。店員にうまく注文が伝わらない、待ち時間が長い、商品とお金のやり取りが窮屈などは、お客さんがドライブスルーで感じるストレスです。

「パーク&ゴー」には、ドライブスルーのようなストレスはありません。ドライブスルーを利用したくない人も、「パーク&ゴー」であれば利用できます。

「パーク&ゴー」はモバイルオーダーをさらに便利にするものです。

モバイルオーダーは来店前に商品を注文して、店舗で決済、受け取りを行う仕組みです。「パーク&ゴー」では、これまで店舗で行っていた決済、受け取りを駐車場に停めた車で行うことで、店舗に入る必要がなくなります。

店舗に入ることはたいした問題ではないようにも見えま。しかし、新型コロナウイルスの不安がある状況においては、問題だと考える人もいます。店舗に入りたくない人にとって、「パーク&ゴー」は嬉しいサービスです。

「パーク&ゴー」はテイクアウト商品の受け取り方法を多様化するもので、お客さんの利便性が向上します。

マクドナルドはテイクアウト、デリバリーで売上が好調

マクドナルドは4月、5月の既存店売上高が好調です。

マクドナルドはテイクアウト、デリバリーでお客さんに便利な買い物体験を提供することで、既存店売上高を伸ばしています。

マクドナルドの既存店売上高は4月が6.5%増、5月が15.2%増でした。4月、5月ともに客数は大きく減少したものの、客単価が大きく伸びたことにより、既存店売上高は前年同期を超えています。

新型コロナウイルスの影響により、飲食チェーンの既存店売上高が大打撃を受けている中、マクドナルドの好調は際立っています。

マクドナルドが好調な理由は、テイクアウト、デリバリーで、便利な買い物体験を提供できているためです。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、人との接触を避ける生活習慣が普及しました。マクドナルドのテイクアウト、デリバリーは、人との接触を避けたいお客さんに選ばれています。

「パーク&ゴー」はモバイルオーダーの買い物体験をさらに強化するものです。お客さんは店舗に入らず、駐車場に停めた車でテイクアウト商品を受け取ることができます。

新型コロナウイルスの不安がある状況下において、「パーク&ゴー」はお客さんに喜ばれるサービスです。

マクドナルドは積極的にデリバリー、テイクアウトを強化しています。新型コロナウイルスの不安は継続しており、マクドナルドの好調は続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました