ファミリーマートはスマホ決済「ファミペイ」で利用する回数券の販売を開始

1月14日、ファミリーマートはスマホ決済「ファミペイ」で利用する、回数券の販売を開始しました。回数券の商品はファミマカフェで、10杯分の料金で11杯購入できるようになっています。回数券は購入した本人が利用するだけでなく、友人同士でプレゼントすることもできます。

ファミリーマートの回数券はスマホで利用するため、紙の回数券よりも購入しやすく、プレゼントしやすいです。紙の回数券よりも、さらに大きな効果を見込めます。

回数券はファミペイとセットになることで、お客さんとの関係性を強め、レジの生産性を向上させる重要なツールです。ファミリーマートは加盟店の利益を増やすことに注力しており、回数券は加盟店の利益の増加に貢献すると考えられます。

ファミリーマートはファミペイで利用する回数券を販売

1月14日、ファミリーマートはスマホ決済「ファミペイ」で利用する、回数券の販売を開始しました。

回数券が販売されたのはファミマカフェで、ブレンドS/アイスコーヒーS、スペシャルコーヒー、ブレンドM/カフェラテ、アイスコーヒーM、アイスカフェラテなど、四種類です。

回数券はファミマカフェ10杯分の料金で11杯購入できるようになっています。ブレンドS/アイスコーヒーSの場合、1杯の価格は100円、回数券の価格は11杯で1,000円です。回数券の販売に当たり、1月14から1月27日までキャンペーンが行われており、期間中は10杯分の料金で通常よりも1杯多い12杯購入できます。

回数券は店舗では販売しておらず、ファミペイを使って購入します。店舗で回数券を利用する場合、ファミペイを操作してバーコードを表示します。レジでスタッフにバーコードを提示し、対象の商品を受け取ります。

回数券を他の割引・優待サービス・クーポンと併用することはできません。また、回数券には利用期限が設定されています。

回数券は自分で購入して利用するだけではなく、友人にプレゼントしたり、友人からプレゼントしてもらうこともできます。友人と回数券をやり取りする場合、双方がファミペイを事前にインストールしておく必要があります。

なぜファミリーマートは回数券を販売するのか

ファミリーマートはスマホ決済「ファミペイ」で、回数券の販売を始めました。ファミリーマートがファミペイで回数券を販売する理由は、回数券が売れやすく、売上アップが期待できるからです。

回数券は支払う金額以上の商品を買えることが一般的で、ファミリーマートの回数券もそうした設定になっています。回数券には金銭的な割引があるため、販売しやすく、売上アップに繋がります。

回数券を販売するメリットは、将来の需要を確実に取り込めることです。ファミリーマートの回数券はファミマカフェ11杯分となっていて、回数券が売れた瞬間に、ファミマカフェ10杯分の売上を得ることができます。回数券は将来発生するであろう単発的な売上を、事前にまとめて一括で受け取るものです。

お客さんが回数券を利用し忘れた場合、費用が発生しないこともメリットです。回数券の料金を受け取って、商品は渡さないので、売上がそのまま利益になります。

ファミリーマートの回数券はファミペイで買えるので、場所や時間に関係なく、お客さんが欲しいときにすぐに買えます。紙の回数券を比べると、ファミペイの回数券は購入しやすく、売れやすいです。また、友人同士でも簡単に回数券のやり取りができるため、紙の回数券よりも流通しやすいです。

回数券は販売して売上になるだけでなく、将来の来店機会を確保するという意味でも価値があります。お客さんは将来、回数券を利用するために来店することになります。ファミマカフェ以外の商品も購入すれば、売上アップの効果もあります。

回数券はファミペイを通じて使われるため、キャッシュレスで、レジの生産性向上にも貢献します。

ファミリーマートの回数券は、売上アップとレジの生産性向上を同時に実現する、優れた仕組みです。

ファミリーマートの回数券はお得か

ファミリーマートはファミマカフェ10杯分の料金で11杯購入できる回数券の販売を開始しました。ファミリーマートの回数券の金銭的なメリットは大きく、ファミマカフェの利用者にとってお得なものです。

ファミリーマートの回数券は、ファミマカフェ10杯分の料金で11杯購入できるというものです。回数券は4種類あり、コーヒーの価格によって、100円から180円お得です。

回数券を購入するにあたって、心配なのは使い忘れることです。お得な回数券であっても、使い忘れてしまうとお金を損するだけでなく、精神的なショックもあります。

ファミリーマートの回数券の場合、使い忘れる可能性はほとんどありません。ファミリーマートの店舗は身近にあり、コーヒーは購入しやすい商品です。回数券の存在を強く意識することはなく、普段の生活の中でスムーズに利用できます。

コンビニのコーヒーはリピーターが多く、購入率も高いとされています。

毎月100円のコーヒーを10杯飲むとすると、1ヶ月で1,000円、1年間では12,000円になります。回数券を使わない場合、12,000円で購入できるコーヒーは120杯ですが、回数券を使うと132杯と12杯も多いです。

ファミリーマートの回数券は10杯分の料金で11杯購入でき、使い忘れる可能性もほとんどないことから、お得な回数券だと言えます。ファミマカフェをよく購入するお客さんは、回数券の利用で大きな満足が得られます。

ファミリーマートの回数券はプレゼントとしてやり取りされるか

回数券を販売するファミリーマートとしては、購入者が自分で使用するだけでなく、プレゼントとしてやり取りしてもらいたいです。回数券はスマホの操作で簡単にやり取りできるため、プレゼントが活発に行われる可能性はあります。

ファミリーマートが回数券をプレゼントしてもらいたい理由は、回数券が活発にやり取りされることで、ファミマカフェの購入回数が増えるからです。

回数券がプレゼントされることが多いのは、同僚、友人の間です。同僚、友人の間で、何らかの感謝の印として、回数券がプレゼントされるのはありそうです。また、ファミマカフェが好きな人に対して、誕生日プレゼントとして贈られるのもありそうです。

ファミリーマートの回数券は10杯分の料金で11杯分購入できるため、1杯分お得になっています。この1杯は仲の良い同僚、友人にプレゼントするのに最適です。

紙の回数券、クーポンを同僚、友人とやり取りすることはこれまでもありました。紙の回数券、クーポンをやり取りする場合、直接手渡さないといけない、失くすことがあるといった、煩わしさがあります。

ファミリーマートの回数券はファミペイでやり取りされるため、直接手渡す必要はなく、失くすこともなく、快適です。

回数券が同僚、友人の間で活発にやり取りされるほど、ファミマカフェの購入回数が増えます。ファミリーマートは回数券のプレゼントが活発になるような、キャンペーンを実施したいです。

ファミリーマートの回数券が持つ重要性

ファミリーマートが販売した回数券は、回数券以上の重要性を持っています。回数券は単に売上を増やすものではなく、スマホ決済「ファミペイ」とセットになることで、お客さんとの関係性を強め、店舗の生産性を向上させるものです。

コンビニは人口が減少するなかで、店舗数は増え続けています。狭い商圏に複数のチェーンの店舗があり、お客さんを奪い合う状況です。

ファミリーマートの店舗が売上を伸ばすためには、商圏のお客さんとの関係性を強化しなければなりません。

回数券にはお客さんとの関係性を強化する効果があります。ファミリーマートの回数券は、ファミマカフェ10杯分の料金で11杯購入できるというものです。お客さんに回数券を買ってもらえれば、将来の11回の来店を確保できます。

回数券の販売は、ファミリーマートとお客さんの関係性を強化するとともに、お客さんと競合チェーンの関係性を弱める効果もあります。ファミリーマートの回数券を購入したお客さんは、競合チェーンでコーヒーを購入する可能性は低いです。

回数券はファミペイとセットになっているため、キャッシュレス決済で、レジの生産性の向上にもなります。回数券を利用するお客さんが増えるほど、レジの生産性は向上します。

ファミリーマートにとって、お客さんに回数券を購入してもらえるかどうかは非常に重要です。ファミリーマートは加盟店の利益を増やすことに注力しており、回数券は加盟店の利益を増やすポテンシャルを持っています。

タイトルとURLをコピーしました