ミスタードーナツがチャージ式のプリペイドカードを全国で導入

ミスタードーナツがチャージ式のプリペイドカードを全国で導入

ミスタードーナツがチャージ式のプリペイドカードを、全国のお店で導入するとの記事があります。プリペイドカードの導入が食品スーパーで増えていますが、今後はお店の規模に関係なく、多くの小売店、飲食店で導入されるようになると思います。 少子高齢化によって客数の増加が難しくなり、客単価、...

Amazonを追いかけるドコモのネットショップdショッピング

Amazonを追いかけるドコモのネットショップdショッピング

ドコモグループで野菜のオンライン定期販売のらでぃっしゅぼーやが、ドコモの店頭でもお客さんに商品を紹介をしているとの記事があります。ドコモは2012年の12月にネットショッピングサイトのdショッピングを開始したのですが、今のところはまだ多くのお客さんに認知されるネットショップではあ...

好調な業績が続いているドン・キホーテは時代にマッチしている

好調な業績が続いているドン・キホーテは時代にマッチしている

ドン・キホーテの好調な決算発表がありますが、ドン・キホーテは今の時代にマッチした商品・サービスを提供しています。小売業は人口が減少する中でカテゴリの拡大が必要になっていますが、ドン・キホーテは昔から豊富なカテゴリを扱っています。 外国人観光客の増加は小売業にとってチャンスですが...

飲食チェーン店は客数の減少が避けられず客単価アップを目指す

飲食チェーン店は客数の減少が避けられず客単価アップを目指す

飲食チェーン店の決算書を見ていると、客数が減少する中で、客単価をアップさせて売上を伸ばしている企業が多くなっています。中食の充実、家飲みの増加、若者の酒離れなど、お客さんの飲食ニーズが多様化して、飲食チェーン店は対応が難しくなっています。 お店を何度も利用してくれるリピーターの...

郊外を中心に店舗を展開していたニトリが都市部に小型店を出店

郊外を中心に店舗を展開していたニトリが都市部に小型店を出店

都市部に出店するためのニトリの新しい店舗フォーマット、「ニトリデコホーム」を写真付きで詳しく紹介する記事があります。郊外で成功を収めて来たニトリが都市部に出店することは、郊外立地でのビジネスが今後難しくなることを意味しています。 小売業にとっては「衝撃的」ではあるのですが、高齢...

小売業が必要としている人材は店長や店員ではなくエンジニア

小売業が必要としている人材は店長や店員ではなくエンジニア

アメリカのニュース記事で見たのですが、優秀なエンジニアを採用できない小売業は生き残ることができないという意見がありました。小売業は店舗を増やして規模を拡大することで成長して来ましたが、ネットショップが台頭して来たことによって、店舗を増やすことが難しくなっています。 ネットショッ...

ローソンの低価格店舗ローソンストア100が大量閉店の予定

ローソンの低価格店舗ローソンストア100が大量閉店の予定

ローソンストア100はナチュラルローソンとともにローソンが運営する業態の一つですが、全店の約2割にあたる260店舗を閉店するとのことです。100円という価格の制約がある中で、新商品を開発し続けることが難しいのではないかと思います。 セブンイレブンとの比較を避けるために、ローソン...

世帯構成の違いによって普段の食品を買うお店に違いが出ている

世帯構成の違いによって普段の食品を買うお店に違いが出ている

普段の食品をどのお店で買っているのか、世帯人数ごとの買い物場所の違いを示しているWEBアンケートの結果があります。総合スーパー、食品スーパーは食品を買うお店として歴史が長いですが、コンビニ、小型スーパー、ドラッグストアが新興勢力として台頭しています。 社会環境の変化により、「買...

お店の販売効率を高めることが小売業全体の課題になっている

お店の販売効率を高めることが小売業全体の課題になっている

小売業では長い間大型店が作られて来ましたが、最近ではいよいよ売り場が余っていると感じるようになっています。以前から売り場が余っているとの指摘はありましたが、少子高齢化、ネットショップの登場で販売効率が著しく悪化しています。 販売効率を高めるためにはオリジナル商品で売り場を埋める...

製造小売業が高い営業利益率を維持したまま市場を独占している

製造小売業が高い営業利益率を維持したまま市場を独占している

小売業の決算発表を見ていると、ファーストリテイリング、ニトリ、ABCマートなど製造小売業の営業利益率が非常に高いです。小売業全体では営業利益率が低下傾向にあると感じるのですが、そうした中で製造小売業の高い営業利益率がさらに目立っています。 製造小売業の商品が支持される理由は価格...

小さな飲食店にもクレジットカード決済が必要になっている

小さな飲食店にもクレジットカード決済が必要になっている

私は小売業、飲食業のお店で働いたことがあるので、お店の利益が減るクレジットカード決済の手数料が嫌だなと考えてしまいます。しかし、飲食店を取り巻く環境の変化を考慮すると、売上を伸ばすためにはクレジットカードの決済がある方が好ましいです。 飲食店の競争環境は料理や価格だけの差別化で...

業界の注目企業のオイシックスも営業利益率は高くはない

業界の注目企業のオイシックスも営業利益率は高くはない

オイシックスの最新の決算では営業利益率が約4%となっていて、実店舗の高収益食品スーパーとあまり変わりません。ネットショップはコストが掛からずに儲かるイメージがありますが、競争が激しい現在では商品を売るために様々な付加価値が必要です。 日本全国のお店と競合するネットショップでは、...

小売業を中心に複数の事業を行うセブン&アイとイオンの比較

小売業を中心に複数の事業を行うセブン&アイとイオンの比較

2大小売業グループであるセブン&アイ・ホールディングスとイオンについて、4つの分野で事業内容を比較している記事があります。両社の収益構造には違いがあり、セブン&アイ・ホールディングスはコンビニ事業、イオンはモール事業と金融事業が利益の中心になっています。 今後小...

ホームセンターには他の小売業から狙われるカテゴリーが多い

ホームセンターには他の小売業から狙われるカテゴリーが多い

ホームセンターでよく買い物をするのですが、売り場を見ていると競合他社に狙われる商品がたくさんあります。ホームセンターは小売業の中では比較的営業利益率が高く、激しい競争はこれからという感じですが、業績が不安定になる企業も出てきています。 ホームセンターのカテゴリから気になるものを...

セブンイレブンのロスチャージ問題とコンビニの値下げ販売

セブンイレブンのロスチャージ問題とコンビニの値下げ販売

セブンイレブンとオーナーの間で値下げ販売についての訴訟が行われていましたが、セブンイレブンの敗訴が確定したようです。オーナーが値下げ販売を行う背景には、商品を廃棄することでオーナーの損失が増えるロスチャージの仕組みがあります。 私はコンビニの値下げ販売には反対で、値下げ販売をし...