米Amazonの倉庫ではコストを削減するための自動化が進む

米Amazonの倉庫ではコストを削減するための自動化が進む

米Amazonが倉庫の自動化を進めていて、商品をピックアップするロボットの開発に力を入れているとのことです。今のところロボットにとって商品を掴む作業は難しいようですが、何年か後にはこうした技術的な問題も必ずクリアする日が来ると思います。 ロボットの導入で人件費、光熱費などのコス...

ファミリーマートとユニーの統合でどんな効果が生まれるのか

ファミリーマートとユニーの統合でどんな効果が生まれるのか

総合スーパーが停滞気味のユニーグループ・ホールディングスと、コンビニの店舗数を増やしたいファミリーマートが経営統合の予定です。ユニーグループ・ホールディングスとファミリーマートだけの話ではなく、総合スーパーとコンビニのシナジーについて考えてみました。 コンビニの店舗数が増えるこ...

マクドナルドが200円メニューを投入して高価格路線へと転換する

マクドナルドが200円メニューを投入して高価格路線へと転換する

マクドナルドがビッグマックの価格統一、昼のセット割引の廃止、200円メニューの追加などの新しい施策を発表しています。客数の増加が期待しにくくなり、客単価を高めなければならない中で、100円マックのワンランク上の200円の商品を充実させるのは良い方法です。 マクドナルドは老朽化し...

イオンのプライベートブランド商品のトップバリュが高品質路線へ

イオンのプライベートブランド商品のトップバリュが高品質路線へ

イオンがプライベートブランドのトップバリュの改革を行い、高品質路線へと転向するとのことです。セブンイレブンが販売しているセブンプレミアムがお客さんから高品質と評価をされていて、イオンのトップバリュは低品質だと見られてしまっています。 しかし、セブンプレミアムとトップバリュでは商...

実店舗とネットショップで商品を販売するau WALLET Market

実店舗とネットショップで商品を販売するau WALLET Market

携帯販売事業者のKDDIが、実店舗とネットショップの両方で商品を販売するau WALLET Marketをスタートするとのことでです。ネットショップには真新しさはありませんが、携帯販売事業者が実店舗で物販を始めるのは小売業として新しい動きです。 今後、ネットワークに繋がって動く...

企業の昼食にお弁当を届けるデリバリーサービスのシャショクル

企業の昼食にお弁当を届けるデリバリーサービスのシャショクル

弁当配達サービスの「ごちクル」を運営するスターフェスティバルが、企業の昼食向けのお弁配達サービスの「シャショクル」を始めるとのことです。企業向けサービスで新しい売上を狙うとともに、弁当の数量を増やすことで、仕入れ、調理、配達など、各工程の生産効率を高める効果も期待できます。 企...

ネットショップを強化してAmazonと競うヨドバシカメラ

ネットショップを強化してAmazonと競うヨドバシカメラ

家電量販店のヨドバシカメラはネットショップに積極的に投資していて、Amazonと同質化する方向へと向かっています。Amazonが従来の小売業に与えている圧力は低価格、品揃え、買い物の利便性で、ヨドバシカメラはこれに追随することでAmazonの影響を軽減しようとしています。 また...

少子高齢化が進む中で小売業が売上を増やすためにやること

少子高齢化が進む中で小売業が売上を増やすためにやること

少子高齢化が進んで人口が減少することが確実視されていて、小売業でも客数が減少している企業が増えています。小売業と言えば新規出店による規模の拡大が基本戦略でしたが、少子高齢化の時代になれば、規模の拡大以外の新しい戦略が必要になります。 小売業が取り掛かり始めている、あるいは、これ...

実名制の飲食店口コミサイトのRettyが事業戦略を発表

実名制の飲食店口コミサイトのRettyが事業戦略を発表

実名制の飲食店口コミサイトのRettyが事業計画を発表していて、店舗向けCRM機能、外国への進出などを発表しています。飲食店口コミサイトではぐるなびと食べログが有名ですが、実名制を武器にしてRettyが存在感を強めようとしています。 Rettyの強みはポジティブなレビューが多い...

食品スーパーはなぜ惣菜の強化に積極的に取り組んでいるのか

食品スーパーはなぜ惣菜の強化に積極的に取り組んでいるのか

お客さんの食品に対する新しいニーズが登場していて、食品スーパー各社が惣菜の強化に取り組んでいるとの記事があります。惣菜の売上が伸びる理由は、女性の社会進出、共働き世帯の増加、単身者の増加、高齢化社会の進行など、ポジティブなものがたくさんあります。 また、コンビニで日々の食品を買...

家電量販店がやって来たことで現在問題になっているもの4つ

家電量販店がやって来たことで現在問題になっているもの4つ

ヤマダ電機が店舗を大量に閉店するニュースが出たことで、ネット上には家電量販店についてたくさんの意見が投稿されています。ヤマダ電機に限ったことではないのですが、家電量販店の戦略でまずかったなと思うことを4つあげてみました。 家電量販店は安売りをすることに力を注いできましたが、ネッ...

ユニクロのオムニチャネル戦略は実店舗の販売効率を高めるもの

ユニクロのオムニチャネル戦略は実店舗の販売効率を高めるもの

ユニクロがオムニチャネルへの取り組みを発表していて、ユニクロでの買い物方法が大きく変わるとのことです。店舗数を増やして規模を拡大することが難しくなりつつある行く中で、ネットショップ、ショッピングアプリなどのテクノロジーへの投資が小売業の新しい成長戦略になりそうです。 お客さんが...

郊外の店舗の立地環境が悪くなり都市部への回帰の動きがある

郊外の店舗の立地環境が悪くなり都市部への回帰の動きがある

ニュースを読んでいても自分で買い物をしていても感じるのですが、郊外の店舗の集客力が弱くなっているような気がしています。2000年代は自動車で郊外のお店に行くことは当然のことでしたが、2015年の今は郊外のお店が遠いと感じることが多いです。 ニトリは長い間郊外で成功を収めてきた専...

商品のライフサイクルが急激に短くなっている原因はなにか

商品のライフサイクルが急激に短くなっている原因はなにか

企業が開発する商品のライフサイクルがますます短くなっていて、企業が生き残ることが難しくなっているとの記事があります。商品のライフサイクルが以前と比べて短くなる原因について、いくつかのビジネス環境の変化をあげてみました。 多くの産業で日本のマーケットは成熟していて、これからは人口...

ファミリーマートが総合スーパーのユニーと経営統合のための協議

ファミリーマートが総合スーパーのユニーと経営統合のための協議

ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスの経営統合のニュースが出ていて、小売業ではかなりのビッグニュースになっています。ファミリーマートの狙いはユニーグループ・ホールディングスのサークルKサンクスを取り込んで、コンビニの規模を拡大することです。 総合スーパーと統合する...