家電量販店から住まいのサービスへ進出するヤマダ電機の戦略

家電量販店から住まいのサービスへ進出するヤマダ電機の戦略

ヤマダ電機の社長のインタビュー記事の中で、住宅関連サービスの展望について説明されています。家電量販店はAmazonなどのネットショップの影響を大きく受けていますが、ヤマダ電機は住宅関連ビジネスで新しい売上を作ろうとしています。 ヤマダ電機のコンセプトは「住まいに関する家1軒まる...

収益アップが期待されるモバイルオーダーシステム「O:der」

収益アップが期待されるモバイルオーダーシステム「O:der」

事前にスマートフォンから注文をして店舗で商品を受け取る、便利な買い物体験を提供する、モバイルオーダーシステムの「O:der」が紹介されています。テイクアウトの飲食店では店舗の混雑と待ち時間が大きな問題ですが、モバイルオーダーシステムにはこれらの問題を解消することが期待されています...

小売業の店員の仕事は退屈そうに見えるがやりがいと楽しさもある

小売業の店員の仕事は退屈そうに見えるがやりがいと楽しさもある

小売業のお店で店員として働くことについて、自分の経験と最新の動向を踏まえ、やりがいや楽しさを挙げてみました。小売業の仕事は単調な繰り返し作業が多く、給料も他の産業に比べて安く、さらに転勤も多いため、どちらかと言うと人気のない就職先です。 単調な繰り返し作業が多いことは事実ですが...

オンライン小売業はなぜ当日配達サービスを重視しているのか

オンライン小売業はなぜ当日配達サービスを重視しているのか

オンライン小売業は当日配達サービスに力を入れていて、新しい物流倉庫建設のニュースをよくに目にします。現在、当日配達をして欲しいというお客さんの強いニーズがあるわけではありませんが、長い目で見ると、当日配達サービスの質が差別化要因になるのだと思います。 忙しい働く女性、体力に不安...

お客さんのニーズの変化に合わせて進化しているコンビニ

お客さんのニーズの変化に合わせて進化しているコンビニ

コンビニの業績が堅調であるとのニュースを見る機会が多いですが、コンビニはお客さんのニーズに対応して、新しい商品、サービスを開発して来ました。自分で買い物をしていて、ニュースを読んでいて、気になったコンビニの近年の変化について、いくつか挙げてみました。 コンビニはお客さんのライフ...

新時代のニーズに対応するMEGAドン・キホーテ渋谷本店が開店

新時代のニーズに対応するMEGAドン・キホーテ渋谷本店が開店

東京都渋谷区にMEGAドン・キホーテ渋谷本店がオープンして、お客さんの多様化したニーズに対応する、新旗艦店として注目されています。MEGAドン・キホーテ渋谷本店は旧渋谷店が移転・増床したものですが、売り場面積は旧店舗の3倍と大型化しています。 ドン・キホーテの人気カテゴリである...

セブンイレブンが店舗にヤマトの宅配受け取り用ロッカーを設置

セブンイレブンが店舗にヤマトの宅配受け取り用ロッカーを設置

セブンイレブンとヤマト運輸が協力して、セブンイレブンの店内や敷地内に荷物受け取り用のロッカーを設置するとの記事があります。セブンイレブンは自社グループのオムニ7に力を入れていて、競合企業であるAmazonや楽天の商品も受け取れなかったため、ヤマトのロッカーを設置することは少し意外...

実店舗はお客さんの不満を改善することで売上を伸ばせる

実店舗はお客さんの不満を改善することで売上を伸ばせる

お客さんがどのように買い物をしているのか、インターネットアンケートを見ると、実店舗とネットショップを目的によって使い分けて、買い物をしている人が増えています。お客さんはネットショップには買い物の利便性を求めていることが多く、実店舗には商品を実際に見て触ること、店内を散策するワクワ...

セブンイレブンがナショナルブランドの日用品61品を値下げ

セブンイレブンがナショナルブランドの日用品61品を値下げ

競合店舗の実勢価格に合わせるため、主婦や高齢者のお客さんが増えたため、セブンイレブンがナショナルブランドの日用品61品の値下げを行うとの記事があります。日用品が安くて品揃えも豊富なドラッグストアと比較すると、品揃え、価格ともに劣勢のコンビニの日用品は、お客さんにとって魅力的である...

男性客が多いミニストップは新しい取り組みで女性客を増やす

男性客が多いミニストップは新しい取り組みで女性客を増やす

コンビニは昔から男性のお客さんに利用されてきたお店ですが、ミニストップの利用者に占める女性の割合は約2割と低いです。セブンイレブンの最新のデータでは女性の割合は5割近くになっていて、ミニストップでは女性の囲い込みが課題になっています。 2017年2月期のミニストップの決算資料か...

小売業はテクノロジーの活用で収益性を改善することができる

小売業はテクノロジーの活用で収益性を改善することができる

ローソン、イオン、ファーストリテイリングなどの小売業で、業務効率化を目的にAIの導入が進んでいるとの記事があります。ローソンではセミオート発注で発注時間の短縮、イオンではAIを使った問い合わせで業務の効率化と人件費の削減、ユニクロでは過去の購買履歴を使った商品の提案で売上アップと...

ローソンとパナソニックが完全自動セルフレジを共同開発

ローソンとパナソニックが完全自動セルフレジを共同開発

ローソンとパナソニックが自動セルフレジの実験を行うというニュースがあり、日本はもちろん海外のニュースサイトでも話題になっています。AIやロボットが人間の仕事を奪うようになると考えられていて、日本人に身近なお店であるコンビニでもその動きが始まっています。 人材の採用が難しくなる中...

小売業には顧客接点・顧客体験の改善が必要になっている

小売業には顧客接点・顧客体験の改善が必要になっている

顧客接点・顧客体験を改善するために、カスタマージャーニーマップの作成が有効であるとの記事があります。小売業はお店に商品を並べてお客さんの来店を待つスタイルですが、今の時代は小売業の側からお客さんに接触する方法がたくさん登場しています。 人口が減少して客数の増加が期待しにくい状況...

ニトリが倉庫の生産性と労働環境を改善するロボットを導入

ニトリが倉庫の生産性と労働環境を改善するロボットを導入

ニトリが倉庫のコスト削減と労働環境改善のため、ノルウェーの企業が開発した倉庫ロボット「オートストア」を導入しています。倉庫のスペースを効率よく使える、人間の作業負担が減る、生産性が上がるなど、大きな効果が見込まれています。 高齢化社会が進めば倉庫で働く従業員の体力も落ちますから...

小規模メーカーとの取引を増やすAmazonベンダーエキスプレス

小規模メーカーとの取引を増やすAmazonベンダーエキスプレス

Amazonが小規模メーカーとの取引を増やして自社の品揃えを充実させるため、Amazonベンダーエキスプレスという新サービスを開始しています。新規商品の交渉をオンラインを通じて簡素化することで、小規模メーカーでもAmazonの仕入先として交渉することができます。 小規模メーカー...