「 テクノロジー 」一覧

トライアルが店舗へ導入するカメラ・タブレット付きショッピングカートの効果

トライアルが店舗へ導入するカメラ・タブレット付きショッピングカートの効果

ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニーは、2018年2月14日、スマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」をオープンしました。「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」には、お客さんの購買行動と商品棚の情報を収集するカメラ、決済機能とタブ...

スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

PayPay、楽天ペイ、Origami Pay、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイなど、スマホ決済が次々に登場しています。キャッシュレスは世界的に起きているもので、スマホ決済を提供する企業は大量の購買データを取得することで、広告、金融など、新しいビジネスで成功する狙...

スマホ決済「メルペイ」と「メルカリ経済圏」は小売業にどのような影響を与えるか

スマホ決済「メルペイ」と「メルカリ経済圏」は小売業にどのような影響を与えるか

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、2019年2月13日、スマホ決済「メルペイ」をスタートしました。サービス開始時に「メルペイ」が利用できるのは約90万ヶ所となっていて、2019年3月中旬にはコード決済に対応することで、さらに45万ヶ所増えた135万ヶ所で利用できる予定...

店頭ディスプレイで商品を販売する「VTuber(ブイチューバー)」の店員が登場

店頭ディスプレイで商品を販売する「VTuber(ブイチューバー)」の店員が登場

滋賀県を中心に総合スーパー、スーパーマーケットを運営する平和堂は、2018年12月20日、平和堂公式VTuber(ブイチューバー(バーチャル・ユーチューバー))「鳩乃 幸(はとの さち)」のデビューを発表しています。「鳩乃 幸(はとの さち)」は平和堂のバーチャル従業員として、店...

タブレット付きショッピングカートには来店回数・購入点数を増やす効果がある

タブレット付きショッピングカートには来店回数・購入点数を増やす効果がある

タブレット付きショッピングカートは小売業の店舗をデジタル化するツールの一つで、2018年に入ってから導入する企業が出てきています。ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニーは、キャッシュレス・商品レコメンドの機能を持つスマートレジカートを試験的に導入しています。ショッピン...

オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」はコンビニよりお客さんに近い店舗

オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」はコンビニよりお客さんに近い店舗

600株式会社の社長のインタビュー記事があり、オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」がどのようなビジネスなのか説明されています。オフィス向け無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」は、企業のオフィスに冷蔵ショーケースを設置して、商品を販売する小売業です。オフィス向け無人コン...

小売業はチャットシステムを導入することで買い物体験・収益性を改善できる

小売業はチャットシステムを導入することで買い物体験・収益性を改善できる

企業のビジネスに役立つITシステムが次々に登場していますが、チャットシステムは小売業にとって価値のあるITシステムです。ネット通販サイトを運営するアスクル、楽天はチャットシステムを導入していて、アスクルでは問い合わせ業務のコスト削減、楽天では受注率の増加、客単価の増加といった効果...

小売業はVRの技術を従業員教育に活用することで実践的な接客トレーニングができる

小売業はVRの技術を従業員教育に活用することで実践的な接客トレーニングができる

VR(バーチャルリアリティ)とは、コンピューターによって作られた仮想的な世界を現実世界のように体感できる技術のことで、小売業を含め、様々なビジネスでの活用が期待されています。アメリカの大手小売業ウォルマートは、従業員のトレーニングにVRの技術の導入を進めていて、日本にはない新しい...

JR東日本とサインポストが赤羽駅で無人レジ「スーパーワンダーレジ」の実証実験

JR東日本とサインポストが赤羽駅で無人レジ「スーパーワンダーレジ」の実証実験

2018年10月17日より、JR東日本とサインポストは赤羽駅に設置した店舗において、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」の実証実験を開始しています。JR東日本とサインポストが「スーパーワンダーレジ」の実証実験を行うのは、2017年11月に続いて2回目となり、前回の実証実験...

ファーストリテイリングはダイフクと提携して国内外で倉庫の自動化に取り組む

ファーストリテイリングはダイフクと提携して国内外で倉庫の自動化に取り組む

2018年10月9日、ユニクロ、GUを運営するファーストリテイリングは、マテリアルハンドリング(マテハン)システムで世界トップクラスのダイフクと、中長期的・包括的な物流に関するパートナーシップ合意書を締結したことを発表しています。ファーストリテイリングは有明倉庫の自動化をダイフク...

ヤフーとソフトバンクのスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」

ヤフーとソフトバンクのスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」

2018年10月5日より、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」のサービスが始まっています。スマートフォン決済サービスには、「楽天ペイ」、「LINE Pay」、「Origami Pay」などがありますが、インターネット大手ヤ...

小売業はAI(人工知能)を使った画像解析を活用することで収益性を改善できる

小売業はAI(人工知能)を使った画像解析を活用することで収益性を改善できる

AI(人工知能)への注目が高まっていて、人間の仕事を奪うのではないかという見方もされていますが、小売業でもAI(人工知能)を活用したシステムが登場しています。注目のシステムはAI(人工知能)を活用して画像を解析するもので、お客さん、商品、店内、商品陳列棚を分析することで、小売業の...