スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

スマホ決済の導入は小売業にどのようなメリット・デメリットがあるか

PayPay、楽天ペイ、Origami Pay、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイなど、スマホ決済が次々に登場しています。キャッシュレスは世界的に起きているもので、スマホ決済を提供する企業は大量の購買データを取得することで、広告、金融など、新しいビジネスで成功する狙いがあります。小売業ではスマホ決済を導入する企業が増えていますが、スマホ決済にはメリットとデメリットがあり、今後の動向に注目です。

小売業がスマホ決済を導入するメリットは、店舗での現金関連業務が減り、店舗の生産性が高まることです。小売業は人手不足で店舗運営が難しくなっているため、スマホ決済への期待は大きいです。また、スマホ決済を提供する企業が持つ、ユーザー、ポイントも小売業にとっては魅力的です。スマホ決済を通じて購買力のあるユーザーが店舗にやって来て、スマホ決済を使って買い物をしてくれれば、小売業は売上の増加が見込めます。

小売業がスマホ決済を導入するデメリットは、現在のところ、これといって指摘されていません。楽天、ヤフーのようなネットモールを運営している企業が、リアルの購買データを取得することは、小売業への影響力を拡大することに繋がるかもしれません。リアルで取得した購買データをもとに、適切な広告を表示して、ネットモールへとお客さんを誘導すれば、ネットモールの基盤をさらに強化できます。

スマホ決済は現金に変わる支払い方法というだけでなく、小売業の店舗をデジタル化するためにも重要な機能です。お客さんは店舗で買い物をするときに、スマホアプリでチラシを見たり、商品を検索しています。スマホ決済もチラシや商品検索と同じように、店舗での買い物体験に必要な機能の一つです。商品の検索も支払いもスマートフォンで行えるようになれば、お客さんは快適に買い物ができ、店員の業務量も減ります。

スマホ決済が次々に登場してユーザー獲得競争が激しくなる

多くの企業が次々にスマホ決済を始めたことで、スマホ決済が乱立する状況になっています。スマホ決済が増える理由は、スマホ決済に大きなビジネスチャンスがあり、今後の成長が確実視されているためです。企業だけではなく、政府もキャッシュレスを推進していて、キャッシュレス決済比率を高める計画です。企業、政府はキャッシュレスに積極的ですが、消費者の動きが遅く、日本ではキャッシュレスが遅れています。

スマホ決済のマーケットは大きいですが、参入する企業も多いため、ユーザー獲得競争は激しくなります。スマホ決済を提供する企業はユーザーを獲得すため、キャンペーンを行っていて、2018年12月にPayPayが実施した100億円還元は話題になりました。スマホ決済のキャンペーンに投資されている金額を見ると、いかにスマホ決済が将来有望なビジネスで、企業に大きな利益をもたらすかというのが分かります。

次々に登場するスマホ決済

スマホ決済が次々に登場しています。多くの企業がスマホ決済を始める理由は、スマホ決済に大きなビジネスチャンスがあるためです。企業はスマホ決済で得られる手数料だけでなく、決済で取得できる購買データにも価値があります。企業だけではなく、政府もキャッシュレスを推進していて、現在、20%ほどのキャッシュレス決済⽐率を、2025年には40%まで高めることを目標にしています。

ニュースでよく名前を見るスマホ決済は、PayPay、楽天ペイ、Origami Pay、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイなどです。スマホ決済にはビジネスチャンスがあり、これからの成長が見込めるため、多くの企業が参入しています。スマホ決済の初期設定のハードルは低くはないですが、さらに種類も多いということで、ユーザーはどのスマホ決済を使えばよいのか、困惑している人も多いのではないでしょうか。

スマホ決済の特徴は、現金を使わなくても支払いができることです。ヤフーが提供しているスマホ決済「PayPay」を使う場合、最初に銀行口座、またはクレジットカードからスマホ決済アプリにチャージをします。店舗でスマホ決済で支払いをする際は、スマホアプリで店頭にあるQRコードを読み込み、金額を入力して決済をする方法と、スマホアプリにバーコードを表示して、店員に読み込んでもらい決済をする方法の二つがあります。

キャッシュレスは全世界で進められていて、世界各国と比較すると、日本のキャッシュレス決済⽐率は低いです。キャッシュレスには政府、企業、消費者が関係していますが、全体的に見れば、すべての関係者にメリットがあるとされています。政府、企業はキャッシュレスの推進に積極的ですが、消費者はキャッシュレスを使うことに消極的で、消費者にキャッシュレスのメリットを理解してもらうことがカギになりそうです。

ユーザー獲得のキャンペーン

スマホ決済を提供する企業が多いため、ユーザーの獲得競争も激しくなります。スマホ決済を提供する企業は、スマホ決済を使うと商品・サービスが安くなったり、ポイントが還元されるキャンペーンを行い、ユーザーを増やそうとしています。スマホ決済の利用者が少ないことを考えると、ユーザーはキャンペーンを通じてスマホ決済の存在を知り、最初に使ったスマホ決済に親しみを持ち、長く使うというのはあるかもしれません。

スマホ決済の認知度を一気に高めたのが、PayPayが2018年12月4日より開始した、「100億円あげちゃうキャンペーン」です。「100億円あげちゃうキャンペーン」の内容は、PayPayで支払うと買い物金額の20%が還元され、40回に1回の確率で、全額還元されるというものでした。「100億円あげちゃうキャンペーン」はユーザーが殺到したことで、当初の計画よりも大幅に早く、12月13日に終了しました。

ヤフーの2018年3月期の決算説明会資料によると、PayPayの累計登録者数は600万人、累計決算回数は2,500万回であるとのことです。PayPayがサービスを開始したのは2018年10月5日で、6ヶ月間で600万人のユーザーを獲得したことになります。スマホ決済を使ったことがない人が多いところに、100億円還元という魅力的なキャンペーンを実施したことで、短期間で多くのユーザーを獲得することに成功しています。

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」から感じることは、スマホ決済のポテンシャルの大きさです。100億円は巨大な金額ですが、将来的には100億円以上の収益が見込めるということです。ヤフーはO2O、広告、金融の三つのビジネスに注力しており、PayPayはヤフーの事業を支援する役割を担います。スマホ決済のユーザーが多いほど利益が増えるため、ユーザー獲得競争が激しくなるのは順当です。

スマホ決済が持つ利便性・購買力は小売業にとってメリット

スマホ決済が登場したことにより、お客さんは現金以外の支払い方法を持ち、買い物の利便性が高まりました。お客さんの買い物の利便性が高まることで、小売業にも、商品が売れるチャンスが増える、現金を扱う業務が減るといったメリットが生まれます。小売業が次々に新しいスマホ決済を導入しているのを見ると、スマホ決済への期待は大きく、小売業にとって必要なものであるということです。

スマホ決済が持つ購買力は、小売業にとって魅力的なものです。スマホ決済の中には、多くのユーザー、ポイントを抱えているものがあります。ユーザーが持つポイントが店舗での買い物に使われれば、小売業の売上アップに繋がります。既に様々なポイントシステムがありますが、ポイントを使う機会がなく、失効することも少なくありません。スマホ決済を導入する小売業が増えれば、ポイントを使って買い物できる場所が増えます。ポイントが使いやすくなることは、ユーザー、小売業の両者にとってメリットです。

スマホ決済が持つ利便性

現金以外の支払い方法には、クレジットカード、電子マネー、デビッドカードなどがあり、スマホ決済は現金以外の新しい支払い方法です。スマホ決済が優れている点は、スマートフォンで決済ができること、クレジットカード、銀行口座からチャージできることです。財布を忘れてしまった時、財布の中身が少ないときでも、スマホ決済を使って支払いができるので、消費を活性化する効果があります。

お客さんが現金以外の支払い方法を持つことは、小売業の商品が売れる確率を高めることに繋がります。ネットショッピングに関するアンケート調査を見ると、お客さんはネット通販サイトに多様な支払い方法を求めています。お客さんはそれぞれ自分が好む支払い方法があり、自分が好む方法で支払うことを望んでいます。スマホ決済に対応している小売業は、対応していない小売業よりも商品が売れる確率が高くなります。

スマホ決済で支払いをするお客さんが増えれば、店舗で現金を扱う業務が減ることになります。現在、小売業では店舗の生産性を高める取り組みが進められていて、スマホ決済には現金を扱う業務を減らす効果も期待されています。ただ、現金の支払いがすべてスマホ決済に置き換わることはないので、現金と非現金の支払い方法が共存する形になり、現金を扱う業務の削減効果は限定的ではないかと見られています。

スマホ決済を導入する小売業が多い理由は、スマホ決済がもたらすメリットへの期待が大きいからではないかと考えられます。スマホ決済を積極的に導入している小売業は、商品をもっと売れるようにしたい、現金を扱う業務を減らしたいという意欲があります。キャッシュレスに関心が高い人ほど、給料が多い、貯金が多い、消費に積極的といったデータもあり、スマホ決済は売上アップに貢献するツールになるかもしれません。

スマホ決済が持つ購買力

スマホ決済の中には、PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、メルペイのように、既存のサービスのアカウントと連携しているものもあります。これらのスマホ決済には既にポイントシステムがあり、スマホ決済のユーザーは買い物をするためのポイントを保有していることになります。小売業はスマホ決済を導入することで、購買力のあるユーザーを店舗に呼び込み、売上アップに繋げるチャンスがあります。

メルペイはフリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリが提供するスマホ決済で、フリマアプリ「メルカリ」と連携しています。2月20日に行われた「MERPAY CONFERENCE 2019」では、メルペイの強みとして、メルカリが持つ1,200万人を超えるユーザー、5,000億円を超える売上金が紹介されました。メルカリの売上金が店舗のスマホ決済で消費されるようになれば、小売業の売上は増えます。

スマホ決済を導入する小売業が増えるほど、より多くのポイントが店舗に流れ込み、消費が活性化されます。消費者の節約志向が強まる中で、スマホ決済がもたらす消費活性化の効果は、小売業にとって価値があるものです。ユーザーはポイントを貯めても、使う機会がなく、失効することも少なくありません。スマホ決済でポイントが効率よく使えるようになれば、ユーザーはすぐにでも使うので、ポイントの失効もなくなります。

スマホ決済の導入で大きな恩恵を受けるのは、コンビニではないかと思います。コンビニは利用頻度が高い店舗で、買い物をする金額も少額であるため、ポイントを使いやすいです。若者はメルカリを使っている人が多く、まとまった金額の売上金を持っていると考えられます。メルカリの売上金の使い道が特にない人は、コンビニでの買い物にメルペイを使い、少しずつ売上金を使うというのはありそうです。

ネット企業がスマホ決済でリアルへ進出することへの不安

ネット企業がスマホ決済を提供することは、ネットからリアルへの進出だと言えます。ネット企業がスマホ決済を通じて、リアルでの影響力を強めることは、小売業にとってリスクになるかもしれません。小売業はネット企業にスホ決済の手数料を支払いますが、今後、さらに手数料が増える可能性もあります。小売業にとって、スマホ決済は価値があるものですが、ネットとリアルの融合がネット企業主導で進むことには不安もあります。

スマホ決済を提供する企業はたくさんありますが、ネットモールを運営する楽天、ヤフーの動向は、小売業にとって気になるものです。楽天、ヤフーはスマホ決済を通じてリアルの購買データを取得し、ネットモールの売上アップに活用することができます。楽天、ヤフーは小売業と競合する関係でもあり、スマホ決済がネットモールの売上アップに貢献するようになれば、小売業は難しい状況に追い込まれます。

スマホ決済はリアルへの進出

スマホ決済を提供する企業のいくつかは、ネットビジネスを行っていて、スマホ決済はネットからリアルへと進出するものです。PayPayを提供しているヤフーはリアルへの進出を新しい成長戦略にしていて、リアルでPayPay関連の事業を拡大して行くと予想されます。ネット企業がリアルへ進出することは、小売業にとってデメリットであるとまでは言えませんが、将来、どのような影響があるのか不安ではあります。

ネット企業がリアルに進出することで、小売業への影響力が大きくなり、小売業の収益性が悪化する可能性があります。スマホ決済を導入する小売業は、スマホ決済の売上に対して手数料を支払うため、スマホ決済の利用が増えれば収益性は悪化します。また、ヤフーはO2OにPayPayを活用する計画で、ネットから実店舗への送客に対して、小売業が手数料を支払うことになれば、スマホ決済とO2Oの二つの手数料が発生します。

多くの企業がスマホ決済に参入する目的は、スマホ決済で蓄積される、購買活動のビックデータであるとされています。ビッグデータをどのように活用して、どのように収益を上げるかというのは、まだ先の話ですが、ビッグデータに価値があることは確実です。小売業の立場では、これまで自社が管理していた購買データの一部が、スマホ決済を提供する企業にも渡ることになるため、情報の流出と見ることもできます。

スマホ決済を通じてネット企業がリアルへと進出することに対して、小売業の脅威になるという意見はほとんどありません。ただ、スマホ決済はネットとリアルを融合するものであり、ネットとリアルの融合がネット企業主導で進むことには不安もあります。Amazon、楽天、ヤフーのような企業は、プラットフォーマーと呼ばれていて、小売業はスマホ決済を通じて、プラットフォーマーに取り込まれ始めています。

楽天・ヤフーのビッグデータ活用方法

スマホ決済を提供する企業の目的は、スマホ決済で取得した購買データを活用したビジネスで収益をあげることです。スマホ決済を提供する企業はたくさんありますが、小売業が特に気になるのは、ネットモールを運営している楽天とヤフーです。楽天とヤフーは小売業と既に競合していて、スマホ決済で取得したビッグデータを既存のビジネスに活用することで、小売業への影響力をさらに強める可能性があります。

楽天が提供する楽天ペイ、ヤフーが提供するPayPayのユーザーは、楽天市場、Yahoo!ショッピングのユーザーでもあります。楽天、ヤフーはユーザーのネットモールでの購買データを持っていますが、スマホ決済を通じてリアルでの購買データを取得することによって、ネットとリアルの購買データを融合できます。ユーザーの好みを詳しく知ることができれば、レコメンドの精度が高まり、ネットモールで商品が売れやすくなります。

楽天、ヤフーは自社で在庫を持って商品を販売しているわけではなく、ネットモールで出店者とお客さんをマッチングさせ、手数料を得ています。楽天、ヤフーはスマホ決済を通じてリアルへ進出したことで、リアルで商品が売れた場合も、手数料が得られます。ネットとリアル、どちらで商品が売れるのが好ましいのかは分かりませんが、リアルでも手数料を得られるようになったことで、収益が発生するポイントが増えます。

小売業はネットとリアルの融合を進めたいですが、楽天、ヤフーのようなネットモールとスマホ決済の両方を持つネット企業は、小売業よりも先にネットとリアルの融合を進めています。楽天、ヤフーはネットとリアルの両方に、ユーザーを誘導する方法を持っています。楽天、ヤフーのユーザーは、ネットでもリアルでもポイントを使ってお得に買い物ができるので、ユーザーの囲い込みが進みそうです。

スマホ決済は小売業の店舗のデジタル化で重要な役割を果たす

小売業は優れた買い物体験を提供する、人手不足に対応する、店舗の生産性を高めるなどの目的で、店舗のデジタル化を進めています。店舗をデジタル化するために、様々なテクノロジーが導入されることになりますが、お客さんが持つスマートフォンは店舗のデジタル化に組み込まれています。スマホ決済は新しい支払い方法というだけではなく、小売業の店舗のデジタル化において、重要な役割を果たす機能です。

スマホアプリを提供する小売業が増えていて、店内でスマホアプリを使いながら買い物をするようになっています。スマホアプリでチラシ、クーポンを配信している小売業の店舗では、お客さんはスマホアプリを見ながら買い物をします。気になる商品があった場合、購入する前に、ネットで価格やレビューを調べることもあります。店内でスマートフォンを使いながら買い物をすることは、小売業が目指している新しい買い物体験です。

店舗のデジタル化とスマートフォン

小売業は優れた買い物体験を提供する、人手不足に対応する、店舗の生産性を高めるなどの目的で、店舗のデジタル化を進めています。店舗をデジタル化するために、様々なテクノロジーが導入されることになりますが、お客さんが持つスマートフォンは店舗のデジタル化に組み込まれています。スマホ決済は新しい支払い方法というだけではなく、小売業の店舗のデジタル化において、重要な役割を果たす機能です。

スマホアプリを提供する小売業が増えていて、店内でスマホアプリを使いながら買い物をするようになっています。スマホアプリでチラシ、クーポンを配信している小売業の店舗では、お客さんはスマホアプリを見ながら買い物をします。気になる商品があった場合、購入する前に、ネットで価格やレビューを調べることもあります。店内でスマートフォンを使いながら買い物をすることは、小売業が目指している新しい買い物体験です。

店内でスマートフォンを使う機会が増えれば、支払いもスマホ決済で行うのは自然な流れです。スマートフォンを使って商品を調べた後、現金で支払いをしても問題はありませんが、スマホ決済で支払えれば、さらに快適に買い物ができます。例えば、購入する商品をお客さんが自分のスマートフォンでスキャンして、スマホ決済で支払う買い物方法の場合、お客さんはレジに並ぶことなく、素早く買い物を終えることができます。

お客さんの買い物はネットとリアルの垣根がなくなりつつあり、小売業もネットとリアルの融合を進めています。ネットとリアルの買い物体験の差をなくすためには、ネットとリアルの決済方法は同じものが好ましく、リアルでも現金以外の支払い方法が必要です。現在のところ、集客目的でスマホ決済を導入する小売業が多いですが、店舗のデジタル化を実現するためには、スマホ決済はなくてはならない機能です。

スマホ決済で顧客情報の取得が進む

小売業ではお客さんにポイントカード、電子マネーを使ってもらうことで、顧客情報の取得を行っています。小売業はできるだけ多くの顧客情報を取得したいですが、ポイントカード、電子マネーを使いたくないお客さんは少なくありません。顧客情報を分析して、適切なマーケティング施策を行うためには、顧客情報の取得率を高める必要があり、スマホ決済は顧客情報を取得する新しいツールとして期待されます。

お客さんがポイントカードを使いたくない理由には、現金とポイントカードを同時に提出することが面倒くさいというのがあります。また、お客さんが電子マネーを使いたくない理由には、レジでチャージをするのが面倒くさいというのがあります。スマホ決済の場合、ポイントカードだけを出せばよく、チャージはクレジットカードや銀行口座を使って自分のスマートフォンでできるため、支払いの作業がよりシンプルです。

小売業が顧客情報を取得する目的は、お客さん一人一人に対する理解を深め、店舗をお客さんのニーズに最適化するためです。小売業では新規出店が難しくなり、既存店の客数が減少していて、地域密着の店舗運営が必要になっています。小売業は取得した顧客情報を十分に活用できているような感じはありませんが、既存店の売上を伸ばすためには、顧客情報の完全性を高め、地域密着を強化して行かなければなりません。

どの商品をどのお客さんが買っているかという情報は、小売業が地域密着を強化するうえで欠かせないものです。お客さんにとって目当ての商品を売り場から外してしまうと、店舗とお客さんの関係が切れてしまう可能性もあります。小売業では既存店の客数が減少していて、お客さん一人一人の価値が高まっています。小売業は顧客情報の取得を進めることで、地域密着の店舗運営を行い、既存店の客数減少を防げます。