こだわりの食材をスマホで注文して店舗で受け取る「クックパッドマート」がスタート

こだわりの食材をスマホで注文して店舗で受け取る「クックパッドマート」がスタート

2018年9月20日、レシピサイトを運営するクックパッドが、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を東京都の一部地域で開始しています。「クックパッドマート」はこだわりの食材を取り扱うマーケットプレイスで、食材を販売する事業者・生産者と食材の受け取り場所を提供する店舗運営事業者が参加しています。「クックパッドマート」の利用者は、スマートフォンアプリを使って食材を注文して、希望する日時・店舗で食材を受け取る仕組みになっています。「クックパッドマート」は自宅への配達は行いませんが、一品からでも配送料が無料になっており、必要な分量だけを効率よく購入できます。

クックパッドの新サービス「クックパッドマート」は、クックパッドのミッションである「毎日の料理を楽しみにする」という理念に基づいたものです。こだわりの食材の流通を活性化させることで、お客さんはより料理が楽しくなり、食材を販売する事業者・生産者は新しい販売機会を得ることができます。お客さんのライフスタイルは多様化していて、食材の購入方法・調理方法も同様に多様化しています。惣菜・弁当やミールキットの販売数量が伸びているため、料理をする人は減少しています。「クックパッドマート」は単に食材を販売するだけでなく、料理に関心を持つ人を増やす役割もあります。

こだわりの食材を一品から送料無料で注文・受け取りは実店舗

2018年9月20日より、クックパッドは生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を東京都の一部地域で開始しています。クックパッドはレシピサイトを運営しており、「クックパッドマート」はレシピサイトの持つ集客力、知名度を活用した新規事業です。「クックパッドマート」は食材の販売事業者・生産者、お客さんが注文した食材を受け取る店舗が参加するマーケットプレイスです。食品を販売するネットスーパーは多数ありますが、「クックパッドマート」はこだわりの食材を販売する事業者・生産者が参加していること、食材を店舗で受け取ることなど、従来のネットスーパーとは違いがあります。

「クックパッドマート」の利用者はスマートフォンアプリを使って、「クックパッドマート」に参加している食材の販売事業者・生産者に注文をして、「クックパッドマート」に参加している受け取り店舗で注文した食材を受け取ります。「クックパッドマート」の買い物方法はユニークなものですが、お客さんに優れた買い物体験を提供することが狙いです。「クックパッドマート」で買い物をすれば、店舗の閉店時間を気にしたり、混雑した店舗で買い物をする必要がなくなります。また、「クックパッドマート」は送料が完全無料になっているため、送料を気にして無理な買い物をする必要もありません。

「クックパッドマート」に参加している食材の販売事業者・生産者は、サービス開始時点では首都圏の5店舗となっています。「クックパッドマート」に参加している5店舗は、鶏肉専門店 信濃屋、精肉柳屋、まぐろ専門店ととぶつや、綾善(野菜の生産者)、やすだ農園(野菜の生産者)です。5店舗はこだわりの食材を販売する事業者・生産者で、「クックパッドマート」の利用者は、従来のネットスーパーにはない、こだわりの食材を購入することができます。「クックパッドマート」に参加している販売事業者・生産者は、オリジナルの食材を販売しているため、各店舗の食材を見ることにも楽しみがあります。

「クックパッドマート」に食材の受け取り店舗として参加している企業は、サービス開始時点では6社となっています。「クックパッドマート」に参加している6社は、カクヤス 、富士薬品グループ、スマイルドラッグ 、ツルハ、鉄人化計画、フェリシダージです。「クックパッドマート」の利用者は、6社が運営する店舗で、注文した食材を都合の良い時間に受け取ることができます。「クックパッドマート」に受け取り店舗として参加している企業は、集客力アップやついで買いを期待しています。例えば、カクヤスはお酒を販売していますが、お客さんが食材の受け取りついでにお酒を買うことはありそうです。

「クックパッドマート」の特徴の一つは、一品からでも送料無料で配達をしてくれることです。ネットスーパーでは送料無料の注文金額が高めに設定されているため、無駄な買い物をしてしまったり、買い物がしにくいといった問題があります。「クックパッドマート」では、必要な分量の食材を注文することができるので、社会問題となっている食品ロスを減らすことにも貢献しています。クックパッドは料理をする人を増やすことを理念にしていて、食品ロスの減少に取り組むことも重要です。送料無料はお客さんの金銭的な負担を減らすだけでなく、食品を効率よく消費する考え方の浸透にも繋がります。

レシピサイトのクックパッドのレシピページから、料理に必要な食材を「クックパッドマート」で注文する導線が用意されています。レシピサイトのクックパッドは、夕方の食材を買い物する時間、献立を考える時間の利用者が多いという特徴があります。レシピサイトのクックパッドのレシピページから、「クックパッドマート」へと導線を用意すれば、レシピページを見た流れで食材を注文する利用者もいると思います。レシピサイトのクックパッドと「クックパッドマート」を連携させることにより、その日の夕食だけではなく、今後の料理のために食材を予約注文するといった利用方法の幅が広がります。

販売事業者・生産者が「クックパッドマート」に参加するメリット

「クックパッドマート」は2018年9月20日にサービスを開始しましたが、食材の販売事業者・生産者の募集は2018年7月より行っています。「クックパッドマート」が募集している販売事業者・生産者は、精肉店、鮮魚店、ベーカリーなどの販売者 、農業や畜産業などで直販可能な生産者です。こうした販売事業者・生産者は小規模事業者であることが多く、店舗の商圏が狭い、販売チャンネルが少ないといった問題を抱えています。こだわりの食材を販売しているものの、売上を増やすことが難しかった販売事業者・生産者は、「クックパッドマート」に参加することで、食材が売れる機会を増やせます。

こだわりの食材を販売している事業者・生産者は、食材の価値をよく理解してくれるお客さんに販売したいです。しかし、小規模店舗の商圏は狭く、狭い商圏の中にこだわりの食材を求めるお客さんは多くはいません。お客さんは食材の買い物に時間を掛けたくないため、最寄りの食品スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどで買い物をします。忙しい人が増えると、こだわりの食材に価値を認めるお客さんでも、最寄りの店舗で買い物をするようになる可能性もあります。「クックパッドマート」は、こだわりの食材を販売している事業者・生産者と、こだわりの食材を求めるお客さんを結びつける場になります。

クックパッドはレシピサイトを運営しており、レシピサイトの利用者は料理に強い関心を持っていると言えます。レシピサイトを頻繁に利用する人ほど、食材にも関心を持ち、食材に多くのお金を使っています。食品スーパーで食材を買って、自宅で調理して食べることは当たり前だと考えられてきましたが、今後は食事の仕方も多様化していきます。具体的には、惣菜・弁当、ミールキットを買う人が増え、料理をする人は減少していくことになります。クックパッドは料理に強い関心を持つ潜在顧客を抱えており、レシピサイトの利用者と食材を販売している事業者・生産者をマッチングするビジネスは有望です。

「クックパッドマート」には、レシピサイトのレシピページから食材を一括購入する動線が用意されています。「クックパッドマート」に参加している販売事業者・生産者は、人気のレシピページと連携できれば、食材の販売数量を大きく伸ばせるチャンスがあります。レシピサイトのクックパッドは人気のメディアで、WEBサイトやソーシャルメディアでも紹介されることが多いです。WEBサイトやソーシャルメディアからレシピサイトのクックパッドを訪れ、さらに「クックパッドマート」から販売事業者・生産者へと利用者が流れて来るため、こだわりの食材を見てもらえる機会を増やすことにも繋がります。

「クックパッドマート」に参加している販売事業者・生産者は、他の販売事業者・生産者と連携できることもメリットです。料理には肉、魚、野菜など、様々な食材を使うことが多いため、お客さんは複数の食材をセットにして購入します。例えば、「クックパッドマート」で見つけた肉でハンバーグを作ろうとすると、玉ねぎ、じゃがいも、人参など、関連する野菜もセットで購入してもらえる可能性があります。こだわりの食材を持つ販売事業・生産者であっても、食材を単体で販売することは難しいです。他の販売事業者・生産者と連携することにより、自社の食材の価値をさらに高める効果も期待できます。

「クックパッドマート」のパートナー募集ページを見ると、初期費用・固定費は無料、食材の当日配送を行ってくれるとあります。食材が売れるごとに費用が発生するシステムだと推測されますが、具体的な料金体系の説明はパートナー募集ページにはありません。固定費が発生しないため、「クックパッドマート」に参加したい販売事業者・生産者は多いのではないかと思います。食材の販売事業者・生産者は「クックパッドマート」に参加することで、販売機会が増やせるだけでなく、認知度を高めることもできます。「クックパッドマート」の利用者が、実店舗でも買い物をしてくれることはありそうです。

小売業・各種店舗が「クックパッドマート」に参加するメリット

「クックパッドマート」は2018年7月より食材の販売事業者・生産者を募集していますが、同様に食材の受け取り場所となる店舗・事業者の募集も行っています。「クックパッドマート」のサービス開始時に参加した企業は、カクヤス 、富士薬品グループ、スマイルドラッグ 、ツルハ、鉄人化計画、フェリシダージの6社です。お店の集客力アップ、ついで買いを狙う小売業の参加が多いですが、食材を受け取る場所を提供するだけなので、小売業である必要はありません。「クックパッドマート」が想定している受け取り店舗は、衣食住(洋品店、クリーニング店、食品・飲料・飲食店、不動産店など)の関連店舗です。

「クックパッドマート」に受け取り店舗として参加している企業は、サービス開始にあたってコメントを出しています。参加企業が「クックパッドマート」に期待しているものは、食材にあった自店舗の商品の提案、ついで買いの発生、来店機会の発生、地域の活性化への貢献などとなっています。「クックパッドマート」に受け取り店舗として参加することによって、企業が得られるメリットは大きいと思います。食材の受け取りという新しい来店目的を増やすことで、自店舗に来てもらえることは大きなメリットです。また、従来の自店舗のターゲットとは異なる、新しいお客さんと出会えるチャンスも生まれます。

上場している小売業の決算書を見ると、一部の人気専門店、好調な業種を除くと、既存店の客数の減少が目立つようになっています。小売業の既存店が減少する要因には、業種の垣根を超えた競争の激化、ネット通販の拡大、少子高齢化による需要の減少などがあります。これまでは、お客さんが店舗に買い物に来てくれることは当たり前のことでしたが、競争環境の変化から、お客さんにお店に来てもらうことも簡単ではなくなっています。既存店の客数が減少する厳しい競争環境になったことで、小売業は既存店の強化に力を入れるようになり、様々な方法でお客さんとの接点を増やそうとしています。

「クックパッドマート」のようなネット通販の商品の受け取り場所になることは、小売業の既存店の集客力を高める方法の一つです。提携するネット通販企業の商品を管理する負担は生まれますが、労力に見合った効果が得られるのではないかと思います。例えば、「クックパッドマート」に参加するカクヤスは、お酒を販売しているため、「クックパッドマート」が販売する食材を購入するお客さんは有望な潜在顧客です。カクヤスは料理と一緒に飲むためのお酒を販売したいですが、「クックパッドマート」の受け取り場所になることによって、ターゲットとするお客さんと接触する機会を増やすことができます。

「クックパッドマート」のようなネット通販の商品の受け取り場所になることは、小売業の売り場の有効活用という点でも価値があるものです。小売業の売り場面積が余っている中で、少子高齢化で需要が縮小していくため、小売業の販売効率は著しく悪化する状況に陥っています。小売業は余っている売り場面積をネット通販の受け取り場所に活用することで、店舗の販売効率を改善することができます。「クックパッドマート」は取り扱う商品が小さいこともあり、必要な面積は0.5平方メートル程度と狭いですが、複数のネット通販企業の受け取り場所になれば、小売業の販売効率の改善効果も大きくなります。

お客さんの立場からすると、自宅に商品を届けてくれるネット通販は便利ですが、宅配企業の人手不足により物流コストが上昇しています。物流企業とネット通販企業は物流コストの上昇を受け、自宅への配達と比較して物流コストが小さい、商品の店頭受け取りを推し進めています。ネット通販で注文をした商品を店頭で受け取ってもらうことは、物流企業、ネット通販企業、小売業の三者にメリットがあるものです。「クックパッドマート」では、一品からでも送料無料で受け取り店舗に配送してくれる仕組みになっているため、お客さんは送料を気にする必要がなく、お客さんにもメリットがあります。

ライフスタイルの多様化によって食事の仕方も多様化している

クックパッドの生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」は、こだわりの食材の販売、食材を店舗で受け取る、一品から送料無料など、従来のネットスーパーとは異なった特徴を持っています。小売業では食品の重要性が高まっていて、実店舗でもネット通販でも、食品の販売を強化する企業が増えています。実店舗では、コンビニ・食品スーパーの中食強化、ドラッグストア・ディスカウントストアの食品強化といった動きがあります。ネット通販では、東京都の一部地域で野菜、果物、鮮魚、精肉などの生鮮食品や専門店グルメが購入できる「Amazonフレッシュ」が2017年4月にスタートしています。

小売業が食品の販売に力を入れる理由は、食品は購入頻度が多く、消費金額も多く、お客さんの消費活動において重要なパートを占めているためです。一般的に、お客さんは食品や日用品を購入するために複数の店舗を買い回りますが、食品の買い物が最も重要で、食品のついでに日用品、その他商品を購入することが多いです。小売業は魅力的な食品を販売することによって、お客さんの消費活動において重要なポジションを獲得しようとしています。食品を強化することのメリットは、実店舗でもネット通販でも同様に価値があるため、販売チャンネルを問わず、小売業は食品の強化に力を入れている状況です。

現在の日本では、雇用形態、結婚の有無、子供の有無、同居家族といった違いにより、人々のライフスタイルは多様化しています。ライフスタイルが多様化すれば、食事の仕方も多様化するため、食品の買い物方法、消費方法も多様化することになります。例えば、どれくらいの分量・品数が必要が、どれくらいの金額を使うのか、調理時間はどれくらいかなど、各家庭によって食事の仕方には違いがあります。食品を強化する小売業が増えていたり、「クックパッドマート」のような新しいタイプのネットスーパーが登場していることは、お客さんの食品のニーズが多様化していることを証明しています。

これまでは専業主婦世帯の方が多かったため、最寄りの食品スーパーで食材を買って、自宅で調理をする食事の仕方が多数派でした。しかし、現在では共働き世帯の方が多く、以前のように食材を買って調理をする家庭は減少しています。実店舗では惣菜・弁当を求めるお客さんが増えていて、コンビニ・食品スーパーは中食需要への対応を進めています。ネット通販ではレシピ・食材・調味料がセットになったミールキットの販売が伸びていて、ミールキットを新規販売する企業も増えています。食品スーパーで食材を買って調理をする食事の仕方は、もはや当たり前ではないと言ってよいと思います。

「クックパッドマート」が販売している食材は、小規模の販売事業者・生産者が提供するこだわりの食材です。多くのお客さんが食品スーパーに求めている食材は、安全なこと、鮮度が良いこと、手頃な価格であることで、こだわりの食材ではありません。「クックパッドマート」が販売しているような、こだわりの食材を求めるお客さんは多くはないはずですが、一定数は存在すると考えられます。「クックパッドマート」は、こだわりの食材を販売する事業者・生産者と、こだわりの食材を求めるお客さんをマッチングすることによって、売上規模は小さいながらも、独自のポジションを得られると思います。

調理に時間が掛からない、惣菜・弁当、ミールキットを購入するお客さんが増えているため、昔のように食材を購入して、調理をする人は減少していきます。クックパッドはレシピサイトのトップ企業ではありますが、料理をする人が減少していくことには不安があります。クックパッドの新サービスの「クックパッドマート」は、料理をする人を増やすという意味でも効果があります。レシピサイトのクックパッドは日常の食事を作るために利用されていますが、「クックパッドマート」と連携することで、こだわりの食材を使用して、非日常の食事を作る、新しい料理スタイルを提案することができます。