工具通販のMonotaROが人工知能を活用した無人店舗をオープン

工具通販のMonotaROが人工知能を活用した無人店舗をオープン

工具通販サイト「モノタロウ」を運営するMonotaROは、無人店舗「モノタロウAIストア powered by OPTiM」をオープンすることを発表しています。オープン日は2018年4月2日、店舗の場所は佐賀大学本庄キャンパス内で、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームを開発・販売している、株式会社オプティムと共同で運営されます。

実店舗とネットショップが融合したオムニチャネルは、小売業に不可欠なものだと考えられていますが、オンライン小売業が実店舗を出店するのは新しい動きです。オンライン小売業が実店舗と既存のネットショップをどのように連携させ、新しい買い物体験を提供するのか、従来の小売業とは異なる視点に注目したいところです。

ネットショップと実店舗が融合した新しい買い物体験の実証実験

工具通販サイト「モノタロウ」を運営するMonotaROは、2018年4月2日、無人店舗「モノタロウAIストア powered by OPTiM」を佐賀大学本庄キャンパス内にオープンする予定です。無人店舗「モノタロウAIストア powered by OPTiM」は、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームを開発・販売している、株式会社オプティムと共同で運営され、お客さんに新しい買い物体験を提供するための実証実験が行われます。

無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」の延床面積は約100平方メートル(約30 坪)で、取扱商品点数は約2,000アイテムとなっています。出店場所が佐賀大学本庄キャンパス内であることから、お客さんの数もそれほど多くはなさそうです。

無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」で買い物をするお客さんは、スマートフォンかタブレットに、「モノタロウ店舗アプリ」を事前にインストールする必要があります。お客さんは「モノタロウ店舗アプリ」を起動させ、入店コード(QRコード)を画面に表示させた後、入店コードを入店ゲートにかざして店舗に入ります。

お客さんは購入したい商品、または商品棚に付いているバーコードをカメラでスキャンして、アプリのバスケットに商品を入れた後、実際の商品を商品棚から取り出します。商品の購入手続きがすべて終われば、アプリで決済を行い、決済後に表示された退店コード(QRコード)を退店ゲートにかざして店舗から出ます。

MonotaROが無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」を出店する目的は、ネット通販における注文からお届けまでのリードタイムの存在、店舗販売における人件費高騰・長時間労働といった課題を解決する実証実験を行うためです。人手不足の問題を解決するために、無人レジ・無人店舗の開発を行う企業が多いですが、実店舗を使ってネット通販のリードタイムを短くしようとする考えは新しいものです。

MonotaROは「工業用間接資材」を事業者に販売するBtoB事業を行っていますが、BtoB事業は一般消費者に生活用品を販売するBtoC事業とは異なり、少しでも早い配達が求められます。欲しい商品がすぐに手に入る実店舗は、納期の点ではネットショップよりも優れている部分もあり、MonotaROがリードタイムを短くするために実店舗を活用しようとするのは、小売業として自然な流れではないかと思います。

小売業の店舗運営を支援する「Smart Retail Management」

今回、MonotaROと共同で無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」を運営するオプティムは、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームの開発・販売を行っています。オプティムが無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」に提供しているものは、AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」、カメラ、入退店ゲート、各種センサー、無人店舗で取得した情報の解析を行う人工知能などとなっています。

オプティムは無人店舗を運営するためのパッケージの開発を行っていて、無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」を支援する形になっています。無人店舗に必要なシステムは、業種・業態でそれほど差はないと思うので、今後、オプティムと共同で無人店舗の実証実験を行う小売業が次々に出てくるのではないでしょうか。

オプティムの紹介によると、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」は、カメラ、センサー、人工知能、画像解析などを備えた、店舗向けのマーケティングプラットフォームです。こうした機能は無人店舗を実現するために用いられていますが、お客さんの店内での買い物行動を記録・分析する機能も備えています。

無人店舗は人件費の削減、買い物体験の改善だけではなく、お客さんの店内での買い物行動をビッグデータとして蓄積することができます。小売業ではどの商品が何個売れたのかを記録したPOSデータを活用してきましたが、お客さんの店内での買い物行動のデータがあれば、成功確率の高いマーケティング施策を実行することができます。

小売業に店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」のような製品が必要な理由は、日本では人口の減少が続いて行くことが確実なためです。人口が減少すれば新規出店が難しくなりますし、各店舗間のお客さんの奪い合いも激しくなります。

小売業の成長戦略は新規出店を行い、売上規模を拡大することですが、近年は新規出店を抑え、既存店の改装へ投資する企業が増えています。お客さんの店内での買い物行動を記録・分析して、品揃え、レイアウト、チラシ、クーポンなどの改善を続ければ、多くの小売業が既存店の売上を伸ばすことができるのではないかと思います。

オンライン小売業がオムニチャネルを構築するのは新しい動き

工具通販サイト「モノタロウ」を運営するMonotaROは、数あるオンライン小売業の中でも注目企業の一つです。MonotaROの2017年12月期の売上高は88,347百万円(前年比26.9%増)となっていて、売上規模は1,000億円に迫り、売上高の成長率も高いです。

小売業は実店舗とネットショップを融合させたオムニチャネルの構築に取り組んでいますが、そのほとんどは、実店舗を持つ従来の小売業がネットショップを強化するというものです。今回、ネットショップを運営するMonotaROが無人店舗の出店を予定していて、オンライン小売業が実店舗を出店するケースはまだあまり見られません。

人気のネットショップが期間限定で、駅、百貨店など様々な立地に、ポップアップストアを出店することはよく目にします。ポップアップストアを出店する目的は、お客さんに商品を売るためではなく、お客さんにネットショップを知ってもらうためです。

ネットショップは新規顧客の獲得が難しいですが、一度お客さんにネットショップを認知してもらえれば、生涯に渡って買い物を続けてもらえるロイヤルカスタマーになってくれる可能性もあります。ネットショップは実店舗のように物理的な商圏の制約がないので、お客さんの引っ越しで関係が消滅してしまうことはありません。

MonotaROが無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」をどのようにネットショップと融合させ、どんな買い物体験をお客さんに提供するのかは気になるところです。MonotaROは2018年3月12日現在、約282万の登録ユーザーを抱えており、保有するユーザーとデータを用いて、実店舗を運営していくことになります。

工具通販サイト「モノタロウ」のユーザーが多いエリアに出店すれば、お客さんに実店舗で買い物をしてもらいやすくなります。実店舗とネットショップの両方で買い物をするお客さんは、片方だけで買い物をするお客さんよりも購入金額が大きいというデータもあるので、MonotaROがどこに出店するのかには大きな意味があります。

オンライン小売業は従来の小売業にできない買い物体験を作り出す

MonotaROのようなオンライン小売業が従来の小売業よりも有利な点は、オンライン小売業が作り出す買い物体験は、その多くがユニークなものであることです。オンライン小売業は既存顧客を持っていないという弱みがありますが、既存顧客を持っていないことで、お客さんの反応を気にせずに新しいことにチャレンジできます。

今回、新しくオープン予定の無人店舗「モノタロウAIストア powered by OPTiM」も既存顧客がいないので、MonotaROのやりたいように店舗を作ることができます。無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」では、お客さんはMonotaROが用意したアプリを使って、MonotaROが決めた手順で買い物をしなければなりません。

オンライン小売業が新しいテクノロジーを使って、新しい買い物体験を作り出す中で、従来の小売業はテクノロジーの導入が遅いです。従来の小売業は既存顧客を抱えているため、何かを変えようとすると、既存顧客に変化をお願いすることになります。

日本ではキャッシュレスがなかなか進まないとされていますが、その理由の一つは、現金での支払いに慣れていて、変化をしたくないからです。従来の小売業も新しいテクノロジーを導入して、優れた買い物体験を提供するとともに、店舗の生産性を高めていきたいのですが、既存顧客に急速な変化をお願いすることは難しいです。

多くの実店舗を抱える従来の小売業の立場からすると、MonotaROの無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」が今後どのように成長するのかは気になるところです。無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」は、有人店舗よりもローコストで運営ができ、工具通販サイト「モノタロウ」を利用しているユーザーの来店も期待できるので、従来の小売業にとって大きな脅威となる可能性があります。

店舗を運営するための人員を必要としないので、無人店舗がうまく運営できれば、早期に多店舗展開することもありそうです。コインランドリーが無人店舗(少人数店舗)で急速に店舗を増やしているため、無人店舗「モノタロウ AI ストア powered byOPTiM」についても、セキュリティの不安などはそれほど問題にならないのではないでしょうか。