生鮮食品を扱う「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープン

生鮮食品を扱う「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープン

2018年3月20日、世界最大の売り場面積を持つ「無印良品イオンモール堺北花田店」がオープンして、たくさんのニュースで取り上げられています。「無印良品イオンモール堺北花田店」の特徴は、売り場面積の半分が食品に割り当てられていて、鮮魚、精肉、野菜、などの生鮮食品を取り扱っており、店内で食事ができるフードコートもあります。

無印良品が生鮮食品の販売を始める理由は、地域に密着して生鮮食品を販売することで、お客さんの来店回数を増やすためです。生鮮食品を販売することでお客さんの来店回数を増やすことができれば、生鮮食品以外の商品を見てもらえる機会が増えることになるため、実店舗とネットショップの両方を使って売上を伸ばすことができます。

「無印良品イオンモール堺北花田店」の売り場の半分は食品

2018年3月20日、良品計画が運営する「無印良品イオンモール堺北花田店」が、「イオンモール堺北花田店」内で移転・増床を行い、リニューアルオープンしています。「無印良品イオンモール堺北花田店」の売り場面積は世界最大規模の4,300平方メートルとなっていて、既存店から約11倍ほど売り場面積を拡大する大規模な移転・増床です。

「無印良品イオンモール堺北花田店」では食品の売り場を拡張していて、売り場の半分近くが食品に割り当てられています。イオンモールが食品を販売しているため、イオンモールの中にさらに大規模な食品売り場ができることは少し不思議な感じがします。

無印良品は加工食品を販売していますが、「無印良品イオンモール堺北花田店」では、野菜、果物、鮮魚、精肉、惣菜といった生鮮食品を販売しています。鮮魚は岸和田漁港や泉佐野漁港で水揚げされたもの、精肉は沖縄産のアグー豚、宮崎県産黒毛和牛、佐賀牛、野菜は門真れんこんなど、全体の3割ほどが産地直送の商品とのことです。

また、48席のフードコートが用意されていて、生鮮食品を使った料理の他、店内で製造したヨーグルトやミックスジュースなどのメニューもあります。食品スーパーの中でレストランを運営する「グローサラント」は、最近注目されている新しい業態ですが。「無印良品イオンモール堺北花田店」は「グローサラント」にも取り組んでいます。

「無印良品イオンモール堺北花田店」のマネージャーのコメントの中に、お客さんの無印良品の来店頻度を増やしたいというものがあります。無印良品のお客さんの来店回数は月に1~2回が多いとのことで、購入回数の多い生鮮食品を販売することによって、従来の無印良品の店舗よりも多くの来店を期待することができます。

お客さんが生鮮食品を無印良品で買うようになれば、来店回数が増えますし、生鮮食品以外の商品を買ってもらうチャンスも増えます。無印良品は食器、調理器具、ダイニングテーブルなど、食に関連する商品も多数販売しており、生鮮食品を販売するようになれば、食に関連するカテゴリの商品の売上にも良い影響が生まれそうです。

生鮮食品は衣食住のライフスタイル商品の売上を押し上げる

お客さんの立場から無印良品を評価すると、衣食住のライフスタイルを提案するお店だと考える人が多いのではないでしょうか。昔は雑貨が中心の品揃えでしたが、現在は衣料品、家電、家具など、生活に欠かせない商品を幅広く販売しており、無印良品の商品だけで生活していけるのではないかというくらいにカテゴリを拡大しています。

無印良品はこれまで加工食品を中心に食品を販売していますが、生鮮食品の販売、フードコートを始めるのは順当な流れではないかと思います。お客さんに衣食住のライフスタイル商品を販売する中で、食品の品揃えが加工食品中心であることには物足りなさがあり、生鮮食品の販売は無印良品にとって絶対に実現したいものです。

いろいろなお店で買い物をしていると、衣食住のライフスタイル商品を販売するお店は、品揃えがどんどん似てきています。無印良品は家具・インテリアの品揃えを増やしており、無印良品の売り場の一部はニトリの売り場と同じような感じになっています。

また、ヤマダ電機はネットショップの台頭により、家電の売上が減少傾向にあることから、「家電住まいる館YAMADA 」という新業態を開発しています。「家電住まいる館YAMADA 」は従来の家電に加えて、家具・インテリア、リフォームを販売しており、一つのお店で住宅関連の商品をまとめて購入できることが特徴です。

ネットショップの台頭、忙しい共働き世帯の増加などが理由で、実店舗での買い物を負担に感じるお客さんが増えています。小売業は売上を増やすために品揃えを拡大していますが、一つのお店で多くのカテゴリが買えることはお客さんにとっても便利で、今後、お客さんが複数の店舗を買い回ることは少なくなると予想しています。

「無印良品イオンモール堺北花田店」は生鮮食品の販売を始めていますが、生鮮食品を販売するためには、今まで以上に店舗は清潔でなければなりませんし、商品の品質管理も適切でなければなりません。無印良品は既にお客さんから信頼されている小売業ではありますが、お客さんにとって最重要カテゴリである生鮮食品を適切に販売することによって、衣食住のライフスタイル商品がさらによく売れるようになると思います。

ネットショップの普及により実店舗は顧客接点として価値を持つ

現在、食品は小売業において注目のカテゴリになっていて、食品を販売するネットショップが増え、ドラッグストアは食品の品揃えを拡大しています。これまで食品を購入するお店といえば、総合スーパー、食品スーパー、コンビニだったのですが、今ではネットショップ、ドラッグストアも食品が買えるお店になっています。

小売業が食品の販売に取り組む理由には、食品は購入頻度が高いので、食品を販売すればそれだけお客さんとの接触機会が増えることがあります。幅広いカテゴリを販売する小売業は、お客さんとの接触回数が増えれば、食品以外の売上も伸びることになります。

小売業にとって実店舗は商品を販売する場所であり、実店舗に商品を並べ、そこにお客さんが買い物にやってきます。しかし、インターネットが普及したことによって、実店舗は単に商品を販売するだけの場所ではなく、重要な顧客接点にもなっています。

実店舗ですぐに商品を買ってもらわなくても、ネットショップでいつでも買い物をしてもらうことができます。実店舗に来てもらい、商品を見てもらうことは、将来的に実店舗、あるいはネットショップで商品が売れる機会を作り出していることになります。

無印良品はオムニチャネルの取り組みが進んでおり、無印良品での買い物を便利にする「MUJI passport」というアプリを開発しています。お客さんは「MUJI passport」を使って、商品の検索、在庫チェック、ネットショップでの購入ができます。

「無印良品イオンモール堺北花田店」に生鮮食品を買いに来たお客さんが、生鮮食品以外の商品に興味を持ち、「MUJI passport」で商品検索をしたり、ネットショップで商品を購入してもらうことが期待できます。「無印良品イオンモール堺北花田店」は生鮮食品を販売して売上を増やすだけではなく、「MUJI passport」を活用することで、お客さんに幅広い商品を見てもらい、購入してもらうための顧客接点にもなります。

優れた品揃えと買い物体験を提供する小売業が売上を大きく伸ばす

小売業では業種・業態を超えた競争が激しくなり、品揃えを拡大することで、お店の魅力を高め、売上を増やそうとしています。ドラッグストアが食品を販売したり、家電量販店が家具・インテリアを販売するなど、品揃えの拡大があちこちで見られます。

衣食住のライフスタイル商品を販売してきた無印良品が、生鮮食品の販売を開始することも、業態を超えた品揃えの拡大だと言えます。無印良品が生鮮食品を販売することは、総合スーパー、食品スーパーにとっては気になる動きです。

小売業で業種・業態を超えた競争が激しくなる理由の一つとして、日本の人口減少が続いていくことが確実な点が挙げられます。人気の専門店は販売する商品を絞り、専門性を高めることで成長してきましたが、人口が減少する状況になれば、いかに素晴らしい商品を販売していたとしても、客数を伸ばすことが難しくなっています。

客数を伸ばすことが難しくなれば、品揃えを拡大することで、お客さんに多くの商品を買ってもらわなければ、売上を伸ばすことができません。「無印良品イオンモール堺北花田店」が生鮮食品の販売を始めることは、生鮮食品カテゴリにおいては重要な一歩で、今後も生鮮食品の販売に取り組む小売業が登場することになります。

人口の減少が続き、業種・業態を超えた競争が激しくなる中で、小売業が生き残るためのキーワードは、品揃えと買い物体験ではないかと思います。品揃えについてはお得なプライベートブランドがある、幅広いカテゴリの商品がある、買い物体験については、実店舗とネットショップが融合したオムニチャネルがある、ショッピングアプリがある、素早い配達サービスがあるといった点が他社との差別化になります。

売り場面積が有限の実店舗には売上の上限がありますが、ネットショップには売り場面積の限界がないため、実店舗とネットショップを連携させることによって、実店舗は持っている売り場面積以上の売上を獲得することも可能です。良品計画のようにお客さんに優れた品揃えと買い物体験を提供している小売業は、購入回数、購入点数ともに大きく伸びるので、他社からお客さんを奪う形で売上を伸ばすことができます。