ロイヤルホールディングスがキャッシュレスの実験店舗をオープン

ロイヤルホールディングスがキャッシュレスの実験店舗をオープン

ファミリーレストランのロイヤルホスト、天丼チェーン店の天丼てんやを運営するロイヤルホールディングスが、キャッシュレスの実験店舗をオープンしています。社会全体でキャッシュレスへの関心が高まっていますが、人気の飲食チェーン店の実験店舗ということもあって、インターネットでも多くのニュースが配信されています。

ロイヤルホールディングスは労働環境の改善に積極的に取り組んでいて、今回のキャッシュレスの店舗も、店長の現金管理業務を減らすことが大きな目的です。キャッシュレスにはお客さんが便利に買い物ができるイメージがありますが、店舗では現金を扱う業務を減らす事ができるため、労働環境の改善にも大きく貢献します。

現金の使えないレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」

ファミリーレストランのロイヤルホスト、天丼チェーン店の天丼てんやを運営しているロイヤルホールディングスが、2017年11月6日、東京都馬喰町に「GATHERING TABLE PANTRY」という名前のレストランをオープンしています。「GATHERING TABLE PANTRY」はクレジットカードか電子マネーでしか支払いができないようになっていて、完全キャッシュレスのレストランであることが特徴です。

外国人観光客が増えている、人手不足で店舗業務の効率化が不可欠などの理由で、現金以外の決済方法を取り入れる小売業、飲食業が増えています。現金がまったく使えないことで、お客さんとお店の運営にどのような影響が出るのか注目されています。

テーブルにはメニューが閲覧できるiPadが設置されていて、お客さんはiPadを使って何を注文するのかを決めます。注文する料理が決まると、お客さんはそのままiPadを使って注文をすることができ、注文の内容はキッチンのiPadに通知が届く仕組みです。

iPadを使ったセルフオーダーにしている理由は、お客さん同士が楽しく盛り上がっている時間を壊したくないからとのことです。注文をするために店員を呼ぶ必要が無いので、お客さんは会話を楽しみながら、お客さんだけで注文をすることができます。

お客さんは食事を終えると、iPadで決済の操作を行い、お客さんからの通知を受けた店員がテーブルに向かいます。「GATHERING TABLE PANTRY」では「楽天ペイ」を採用していて、お客さんが利用できる決済手段は、各種クレジットカードと、楽天Edy、交通系ICカード、nanaco、QUICPay、iDの電子マネーとなっています。

店員は「楽天ペイ」のアプリを入れているiPhoneで決済操作を行うので、専用の端末を使うよりも操作の習得が簡単です。セルフオーダーと決済の仕組みにより、注文の間違い、お釣りの間違いがなくなるので、間違いによるトラブルが減らせる効果もあります。

キャッシュレスは店長の労働環境を改善するための取り組みの一つ

キャッシュレスにしたことによる効果として、金銭を管理する店長の業務負担が減ったことが挙げられています。閉店後、店長は現金の過不足をチェックしなければなりませんが、これまで40分掛かっていたレジ締めの作業が数分で終了できるとのことです。

キャッシュレスのお店で店長がやることは、システムで計上した売上と、決済した金額が合致しているかどうかのチェックだけです。手作業でお金を数えていた従来のやり方と比較すると、キャッシュレス店舗での現金チェックはまったく異なったものです。

閉店後に現金をチェックする作業は、小売業、飲食業では当たり前に行われる業務ですが、あまりにも当たり前すぎて業務の生産性が問われることはありませんでした。1日中忙しく働いた店長も閉店後はリラックスしてしまうので、レジ締めの業務ものんびりとしたものになりがちで、生産性の改善が必要な隠れた業務であるとも言えます。

現金以外の決済方法がいろいろと出てくる中で、「現金がなくなったら、現金管理の業務もなくなって楽になるのにな」という発想が生まれるのも自然です。毎日40分も掛けてお金を数える作業が無駄に思えて来ますし、一度キャッシュレスのメリットを感じた店長は、ますますキャッシュレスの店舗を望むようになると思います。

「GATHERING TABLE PANTRY」は労働環境の改善を行うため、様々な検証作業を行うR&D店舗(研究開発店舗)という位置付けです。キャッシュレスはそうした取り組みの中の一つで、キャッシュレス以外にも、労働環境の改善のための工夫が導入されています。

キッチンには調理時間を短縮するための最新の調理器具が導入されており、火と油を使わないで調理をするようになっています。ソースやハンバーグはセントラルキッチンで作っておいて、アルバイト・パートが店内で最新の調理器具で調理を行うことで、質の高い料理を効率よく提供できるオペレーションです。

ロイヤルホストや天丼てんやをキャッシュレスにする予定はない

キャッシュレスのシステムは、ロイヤルホストや天丼てんやなど、グループ内の店舗に早急に採用する予定はないとのことです。飲食店のキャッシュレス化を望んでいる人も少なくないですが、キャッシュレス店舗が急速に増えるようなことはありません。

ロイヤルホストや天丼てんやへの導入が難しいことの理由としては、既存のシステムが複雑である点が挙げられています。今回オープンしたキャッシュレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」も、キャッシュレスで運営にできるように、決済システム以外のところでもオペレーションの最適化が図られています。

キャッシュレスの店舗を増やすには、既存の店舗に導入するよりも、キャッシュレスのための業態を新しく作る方が取り組みやすそうです。既存の店舗をキャッシュレスに対応させようとすると、これまでのお客さんの飲食体験を壊してしまうリスクがあります。

「GATHERING TABLE PANTRY」は決済以外に店員との会話がなく、お店も静かなので、こうした飲食店の雰囲気を気に入るお客さんがいると思います。また、外国人のお客さんも利用しやすいので、外国人専用のキャッシュレスの飲食店も考えられます。

キャッシュレスやセルフオーダーの仕組みは、店員の作業量を減らし、従来の飲食店の生産性を改善させる効果があります。店員の作業量の減少によるコストダウンを、料理の原価に振り分けることで、よりお得感のあるメニューを開発することができます。

キャッシュレスでローコスト運営であること、料理の原価率が高いこと、この2点をお客さんにアピールするのは良さそうです。美味しい料理を低価格で楽しみたいお客さんにとっては魅力的なお店で、少数のお客さんに繰り返し利用してもらえるかもしれません。

労働環境の改善において先頭を行くロイヤルホールディングス

ロイヤルホールディングスでは、従業員の労働環境の改善に取り組んでいて、多様な人たちが働ける環境を目指しています。人手不足でアルバイト・パートを採用することが難しくなっていますが、現在働いているアルバイト・パートが辞めないようにすることにも、企業は力を入れなければならない状況です。

多様な人たちが働ける環境というのは、大学生、フリーター、主婦、高齢者が、お互いを尊重し合いながら働けることだと思います。昼だけ、夕方だけ、夜だけ、週末だけ、週に1-2日だけなど、年齢やライフスタイルによって希望する働き方も多様です。

ロイヤルホールディングスは、2018年より、日本全国のロイヤルホストの多くの店舗で元旦を休日にすることを決定しました。これに加えて、5月と11月にもお店を休みにする日を設けて、年間で3日間従業員の休日を増やすことを予定しています。

お店の休みが3日間増えれば、それだけお店の売上も減ることになるので、短期的にはマイナスの影響が大きいです。休みが増える分だけ、従業員が健康で働けるようになることがメリットで、減った売上は残りの営業日で取り戻して行くことになります。

ロイヤルホールディングスがこれまで取り組んで来た労働環境の改善には、24時間営業の停止、全席禁煙があります。24時間営業の停止、全席禁煙は、様々な小売業、飲食業で検討されている課題ですが、ロイヤルホールディングスは既に対応しています。

キャッシュレスはあらゆるビジネスで注目されているため、話題性がありますが、ロイヤルホールディングスのキャッシュレス店舗は労働環境の改善が目的です。キャッシュレスは主にお客さんの利便性に注目が集まりますが、従業員の労働環境が改善するメリットも知られるようになれば、より社会に受け入れられやすくなります。