アマゾン・エフェクトで生き残りが難しくなっている超大型書店

large-book-store-survival

大型書店の生き残りが難しいというテーマで、丸善ジュンク堂書店の会長のインタビューがあります。丸善ジュンク堂書店では、丸の内、池袋、大阪、福岡などの巨艦店舗がすべて苦しくなっていて、お客さんの多い都市部でも本を売ることが難しい状況です。

Amazonが便利な買い物体験を提供していて、実店舗ならではの付加価値を生み出したいのですが、それも簡単なことではありません。お客さんはAmazonで便利に買い物ができるため、遠方にある書店に出掛けることが面倒になります。

Amazonの影響で都市部の大型店であっても経営が苦しくなる

大型書店の経営が苦しくなっていて、丸善ジュンク堂書店がその筆頭であるという話があります。丸善ジュンク堂書店の店舗の中でも、丸の内、池袋、大阪、福岡、人口の多い都市部にある、巨艦店舗がすべて苦しくなっているとのことです。

都市部にある小売業の大型店舗は、業種を問わずに健闘しているイメージがありますが、大型書店は苦戦しているようです。店舗周辺で活動する人は多くても、大型書店では買い物をせず、お客さんには大型書店で買い物をしない理由があるということです。

大型書店の売上が苦戦する中で、大型書店が持つ大量の在庫を活かして、ネットショップの物流倉庫としての役割が出てきているそうです。一部の専門書ではAmazonよりも早く配達できるものあり、丸善ジュンク堂書店の納期の早さに利便性を感じるお客さんは、Amazonよりも丸善ジュンク堂書店で買い物をするようになります。

お客さんはいろいろな書店で買い物をするわけではなく、学校の近くにある、通勤途中にある、自宅の近くにある、よく行く総合スーパーの中にあるなど、同じ書店で繰り返し買い物をします。「このお店には自分の欲しい本がいつもある、納期も遅くない」というのを繰り返し何度も印象付ければ、長く買い物を続けてもらえると思います。

大型書店の強みは様々なジャンルの本がある、品揃えの豊富さで、一つのお店でたくさんの本を買うことができます。特に購入する本がなくても書店に出かけて、なにか面白い本と出会うことを楽しみにしている人もたくさんいます。

しかし、ネット上に無制限で本の情報を持つAmazonが登場したことで、大型書店が持つ品揃えの強みが薄れています。大型書店の品揃えの強みが薄れ、売上が減少する中で、大型書店が抱える賃料、人件費、光熱費など、コストの負担が重くなって来ます。

Amazonの便利な買い物体験がお客さんを書店から遠ざける

お客さんの立場からすると、Amazonで本を検索して、そのままAmazonで購入することにあまり問題を感じません。人気の本にはお客さんのレビューがたくさん付いているので、レビューを読んでから買えば、大抵は満足行く買い物をができます。

レビューが付いていない、価格が高いなど、買い物に不安がある本は、多くの場合は特定の分野の専門書です。専門知識を得るために買う本は、内容がどうであれ目を通したいものなので、こちらも中身を見ずに購入することに抵抗はありません。

Amazonがお客さんに行っているパーソナルマーケティングも好評で、ネットショップがお客さんごとに商品を提案することは当たり前になっています。お客さんはAmazonのページを定期的に訪れることで、新しい本と出会うことができます。

日本では長時間労働が問題になる中で、お客さんは商品を探したり、買い物をすることに多くの時間を掛けられなくなっています。ネットショップを訪れるだけで、新しい商品を提案してくれる仕組みは、時間を節約する点でもお客さんに支持されています。

Amazonで本を買うことが普通になったお客さんは、本を買うだけのために、書店に出掛けることは少なくなります。他の行動のついで、例えば、通勤ルートにあるので立ち寄る、食品を買う総合スーパーの中にあるので立ち寄る、といった具合です。

お客さんに何らかの行動のついでに立ち寄ってもらいやすいように、駅、商業施設、総合スーパーの中などが、書店の立地としては良さそうです。ビジネスマンが多い商圏で、価格の高い専門書を販売することは、利益面では良いのではないかと思います。

Amazonの影響だけではなくお客さんの本に対する考えも変化

これまでは書店で本を買う事が当たり前でしたが、ネットショップが登場したことで、お客さんの本を買う方法が増えました。書店はネットショップに売上を奪われる形になるため、売上の減少が続くことは避けられないことだと言えます。

ネットショップの登場に加えて、お客さんの本に対する考え方が変化していることも、書店の売上が減少する要因の一つです。お客さんを大きな塊として捉える事はできず、高齢者と若者では、本を読むことに対する考え方も大きく異なっています。

高齢者のお客さんには本を読む習慣があり、情報を得るために、お金を払って本を買うことは当然のことだと思っています。総合スーパーの中の書店、ブックオフなど、古くからある書店では、高齢者のお客さんの割合が多くなっています。

高齢者のお客さんは書店にとって重要なお客さんですが、体力の低下とともに、買い物範囲が狭くなって行きます。書店の数が減少する中で、高齢者のお客さんが本と接する機会も減り、本を買いたくても買うことができない状況も増えて来ます。

若い世代のお客さんはインターネットの経験が豊富で、毎日の生活に必要な情報をインターネットから得ています。情報はインターネットからただで得るものという意識もあり、情報に対してお金を払うという意識がない人も少なくありません。

また、ゲームや漫画など、スマートフォンのデジタルコンテンツへの支出が増えていて、子供の頃から本読む習慣が育たなくなっています。若い世代のお客さんに情報を届けるために、紙の本がデジタル化して行くことの方が増えて来そうです。

地域から書店がなくなることの影響と紙の本のデジタル化

書店がなくなってしまった地域については、コンビニや郵便局が書店の役割を担う可能性が挙げられています。郵便局には手紙・荷物を配達する物流機能がもともとあるため、一緒に本を配達してもらうことで、配達効率を高める事ができます。

アクセスの良いコンビニは本の受け取り場所として最適で、セブンイレブンのネットショップ「オムニ7」では、セブンイレブンでの本の受け取りを薦めています。お客さんはコンビニでの買い物のついでに本も受け取れるので、買い物が楽になります。

先日、メガバンクが人員の削減を計画しているとのニュースが話題になり、人員の削減に合わせて店舗も閉鎖されます。田舎の方ではATMもあまりないので、銀行の店舗が閉鎖されると、お金を下ろすことが大変になる人も出てきます。

単独で存続する事が難しくなっている事業は、一つの店舗にまとまることで、地域に貢献できるのではないかと思います。書店と銀行は店舗の減少が決まっているため、コンビニや郵便局など、アクセスの良い店舗と併合することで存続できます。

書店がなくなって本が買えない地域が出てきても、インターネットで情報が得られるから問題ないという意見があります。あるいは、書店がなくなってもAmazonなどのネットショップがあるので、書店がなくなっても困らないという意見もあります。

情報の流通効率を考えると、紙の本はデジタル化され、インターネットで流通する方法がベストではないかなと思います。昔は専門書を読むことで得ていた知識も、今ではウェブメディアのコンテンツとして、無意識のうちに得ることができています。