お客さんのニーズの変化に合わせて進化しているコンビニ

お客さんのニーズの変化に合わせて進化しているコンビニ

コンビニの業績が堅調であるとのニュースを見る機会が多いですが、コンビニはお客さんのニーズに対応して、新しい商品、サービスを開発して来ました。自分で買い物をしていて、ニュースを読んでいて、気になったコンビニの近年の変化について、いくつか挙げてみました。

コンビニはお客さんのライフスタイルを反映しているお店だと言えますが、高齢化社会、単身世帯の増加、晩婚化、非婚化、女性の社会進出、外国人観光客、居住者の増加など、お客さんのライフスタイルの変化に合わせてコンビニも変化しています。お客さんの変化と、それに対応するコンビニの新商品、新サービスを観察することは、他の小売業にとっても参考になります。

料理をしないお客さんの増加と惣菜とホットスナックの充実

コンビニで食品を買っていて気が付く変化として、ホットスナックと惣菜の品揃えの充実があります。高齢者人口の増加、晩婚化や未婚化、女性の社会進出などにより、料理に時間を掛けられない、掛けたくないお客さんが増えていることが背景にあります。

コンビニ側からするとホットスナックは高い粗利益率が期待できるため、品揃えを充実させ、店員も声掛けをすることで売上を伸ばそうとしています。綺麗に陳列されたホットスナックはアツアツで美味しそうに見えるため、お客さんも価格に鈍感になってしまったり、ついつい必要以上に買ってしまうなど、お店の売上に貢献してしまいます。

唐揚げは1個単位で売っていたり、1人用の惣菜があるなど、単身者が買いやすい工夫がされている他、弁当でも容量が少ないものが増えています。コンビニを利用する高齢者、女性のお客さんが増加していますから、容量が少ない、買いやすい商品が増えることは合理的な変化です。

今の若い男性は食が細い人が多いという意見があり、若い男性の食の変化も食品の容量に影響を与えているようです。以前はデカ盛りの商品もたくさんあったように思うのですが、最近は容量の多さをアピールしている商品が減っているように感じます。

食品の主な購入場所は食品スーパーですが、食品スーパーに行くことが面倒くさい人がコンビニを利用することも一般的になっています。食品スーパーに行けばコンビニよりも安く買い物ができるのですが、それが面倒くさいのでコンビニで少々高い金額を払ってでも買い物をします。

しかし、コンビニの食品の質と品揃えが良くなり、依然として食品スーパーよりも割高感はありますが、価格に対する不満は緩和されているように思います。コンビニの店舗数はどんどん増えているためアクセス環境はさらに良くなり、そこに価格と価値のバランスも改善されているということで、コンビニの食品の売上が伸びる結果になります。

お客さんの高齢化に対応するための新しい店舗フォーマット

ローソンは新しい店舗フォーマットとして、介護拠点併設型の店舗「ケアローソン」を介護事業者との協力で2015年から運営しています。実際に近くにお店がないのでどれくらいのお客さんが利用しているのかは分からないのですが、ニュースリリースでは2017年度末までに30店舗の出店を目標とあります。

お客さんに提供するサービスでは介護に関する相談窓口と高齢者の交流スペース、商品ではレトルトの介護職、介護に使う日用品、ヘルスケア関連商品となっています。コンビニは売り場面積が小さいので提供できるサービスや商品は少なそうですが、遠くに出かけることが難しいお客さんに喜ばれそうです。

ファミリーマートは地域のドラッグストアと協力して、コンビニとドラッグストアが一体となった新しい店舗を出店しています。お客さんはコンビニの商品に加えて医薬品を購入することができ、日用品についてもドラッグストアの幅広い品揃えから商品を選ぶことができます。

コンビニとドラッグストアは競合していると考えられていて、それぞれの強み弱みとして食品と日用品が挙げられます。両者が一体になることで、お客さんはコンビニの美味しい食品とドラッグストアの幅広い商品をワンストップで買えるため、高齢者だけではなくあらゆる世代のお客さんにとって便利なお店になっています。

お客さんのところへお店側が商品を届ける販売方法として、コンビニは宅配や移動販売にも取り組んでいます。移動販売についてはあまり情報はないのですが、宅配については、セブン&アイホールディングスの2018年2月期第1四半期の決算発表によると、セブンミールのEC売上が前年比2.5%増の62億3700万円との数字があります。

宅配や移動販売はお客さんに商品を販売するだけではなく、お客さんが高齢者の場合は、訪問することによる安全確認、見守りの役割もあります。1人で暮らしている高齢者の世帯が増加していますから、お客さん宅へ定期的に訪問することは、社会的にも意義がある重要なサービスになっています。

コーヒーがよく売れる背景には甘いものへの強いニーズがある

近年のコンビニのヒット商品はコーヒーになりますが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン3社ともコーヒーを販売しています。ヒット商品が生まれると真似をすることが当たり前になっていますが、コーヒーが売れているのもお客さんからのニーズがあるからです。

スターバックスやドトールなどの専門店を利用することでお客さんのコーヒーへの関心が高まり、立ち寄りやすいコンビニに安くておいしいコーヒーがあれば、そこでも買うようになるという具合ではないでしょうか。焼き鳥を提供している居酒屋の鳥貴族の業績が好調ですが、これに合わせるようにコンビニのホットスナックでも焼き鳥が売られるようになっています。

コンビニのコーヒーは価格の割には品質が良いと評価されていて、お客さんが感じる品質と価格から来るお得感も大きいです。お客さんはコーヒーを安く買えるのであれば、セットで買うお菓子やスイーツは贅沢をしてみようかという気持ちにもなり、コーヒーとお菓子やスイーツとのセット単価は高くなることが期待できます。

セブンプレミアムは高品質化、高価格化が進んでいて、お菓子、スイーツ、アイスクリームなどの値段がどんどん高くなっています。コーヒーが程よく低価格で品質が良いため、お菓子やスイーツで高単価の新商品を次々に開発することで、コーヒーとお菓子やスイーツのセット購入を習慣化できます。

お菓子やスイーツを購入するお客さんは誰かとイメージすると、主に女性、年齢は若い方が多いのではないだろうかというものです。しかし、最近ではスイーツ男子という言葉も登場しており、お菓子やスイーツを買うお客さんとして若い男性も期待できるようになっています。

日本アイスクリーム協会のデータによると、アイスクリームの市場規模が拡大しているとのことで、高齢者のお客さんがコンビニで高価格のアイスクリームを買っているからだとのことでした。コーヒーやスイーツの売上にも甘いもの好きの高齢者のお客さんが貢献しているはずで、老若男女問わず、コンビニでコーヒーを買っているのだと思います。

イートインスペースを持つお店が増えているのには理由がある

コンビニへのイートインスペースの導入は新しい動きで、思った以上に多くのお店でイートインスペースが導入されています。ミニストップには以前からイートインスペースがありましたが、売り場面積を無駄に使っているのではとの印象を持っていました。

最初にコンビニでイートインスペースを見たときも、果たしてこれを誰が利用するのだろう、やはり売り場面積がもったいないなという感じでした。それから意識的にイートインスペースの使われ方を観察していると、思いのほか多くのお客さんが利用していて、さらにお店の売上にも貢献しているのではないかと考えるようになりました。

イートインスペースを利用しているお客さんのニーズの一つは、自宅で食べるとゴミが出るから嫌だというものだと思います。コンビニを頻繁に利用する単身者にとってはゴミ捨てが大変ですから、イートインスペースを利用できればゴミが出ないので好都合です。

毎回毎回、同じコンビニのイートインスペースを利用すると、店員に顔を覚えられて恥ずかしいかもしれませんが、複数のお店をローテンションすれば問題ありません。おにぎりやパンと飲み物で済ませば安く上がりますし、外食が多いお客さんも、コンビニのイートインスペースを利用することでお金を節約できます。

イートインスペースを利用してるお客さんには外国人観光客も多く、これは実際に目にしなければ分からないものでした。外国人観光客は民泊を利用している人も多いため、日本人のお客さんと同様にゴミの問題があり、イートインスペースを好む理由があります。

また、日本人のお客さんよりも大人数であり、購入商品数も多いため、コンビニの売上にかなり貢献しているように見えます。コンビニは外国人観光客の人気スポットの一つになっていますから、外国人観光客が多い立地ではイートインスペースが多いはずです。