Amazonを追いかけるドコモのネットショップdショッピング

Amazonを追いかけるドコモのネットショップdショッピング

ドコモグループで野菜のオンライン定期販売のらでぃっしゅぼーやが、ドコモの店頭でもお客さんに商品を紹介をしているとの記事があります。ドコモは2012年の12月にネットショッピングサイトのdショッピングを開始したのですが、今のところはまだ多くのお客さんに認知されるネットショップではありません。

ドコモは日本を代表する通信企業で、お客さんの知名度も高く、dショッピングの将来は有望ではないかと思います。実店舗のネットワークと接客ができる店員を活かして、ネットショッピングに関心のないお客さんを新規に獲得できるチャンスがあります。

ネットショップのdショッピングはドコモの新規事業

ドコモは2012年の12月に、dショッピングという名前のネットショップ事業を開始しています。dショッピング開始のニュースは当時は話題になりましたが、ネット上の意見には肯定的な意見はほとんどなく、開始するのが遅すぎるという意見が多かったです。

2年前の段階でもAmazonと楽天の2強になっていたのですが、2年経った今ではさらにこの2強の存在感が大きくなっています。ネットショッピングの利用状況のアンケートでもAmazonと楽天の利用率が高く、3番低下を引き離しており、dショッピングの名前が出てくることはまったくと言っていいほどありません。

ドコモは日本を代表する巨大通信企業ですが、ここ数年は多数のインターネット関連の新規事業を開始していて、ネットショップ事業もその一つです。通信事業はドコモなど3社が独占する状況ではありますが、通信費の値下げ圧力は強く、今後は人口が減少することもあり、将来的には利益が縮小するのではないかとの予想があります。

ドコモは約6,000万人の顧客を抱えていて、お客さんは住所などの会員登録が完了している状態です。通信サービスを提供していて、豊富な顧客基盤がありますから、新規事業としてネットショップは成功する可能性が高いと考えるのは説得力があります。

dショッピングのネットでの評判を見てみると、多くの人が指摘しているのが価格の高さと配送の遅さの2点です。ある程度予測できる弱点ですが、ネットショッピングの規模が小さいうちは価格も配送もいまいちなのは仕方がないところです。

dショッピングの配送が遅い原因は何なのかを検索してみるのですが、特にこれといった情報もなく分かりません。dショッピングの商品ページを見ると1-5日で発送になっている商品が多く、注文を受けてからすぐ発送できる環境にはなっていないようです。

品揃え、価格、納期でAmazonに追いつくことが目標になる

ドコモはネットショップ事業を新規に開始するにあたって、比較的人気の高かった小売業をいくつか買収しています。野菜のオンライン販売のらでぃっしゅぼーや、オンラインファッション販売のマガシーク、音楽ストアのタワーレコードです。

こうした有力企業を次々に買収できるのは、ドコモが持つ知名度と資金力があるからです。ドコモはdショッピングの品揃えの充実につながり、買収される側の企業もドコモが抱えている6,000万人のお客さんにリーチできるためお互いにメリットがあります。

dショッピングが目標としているのはAmazonで、dショッピングが発表された時にそうしたコメントがあります。dショッピングの商品を見てもナショナルブランドの商品が多いですから、楽天のようなショッピングモールを目標にしていないことは確かです。

そうすると、dショッピングの目標は、幅広いナショナルブランドの品揃え、低価格、短い納期の3つが強化ポイントになります。Amazonを追撃するネットショップでは食品と日用品を販売するLOHACOが存在感がありますが、一部の商品では価格の安さ、納期の早さでAmazonを凌いでいて、主婦のお客さんが多いとのことです。

dショッピングが開始された時は、ドコモの経営資源を考えればAmazonに追い付ける可能性もあるとの見方もありました。2年前にはもうネットショップの成功には物流がカギになることはよく知られていて、納期の早さがお客さんがAmazonで買い物をする理由の一つにあげられていました。

dショッピングがやることはAmazonと同質化するべく追いかけることで、ドコモには十分な資金がありました。dショッピングの開始から2年経ちますが、納期の遅さをお客さんに指摘されている状況が続いていて、物流面での品質向上には至っていません。

接客のできる店員と実店舗のネットワークを持つことは強み

小売業だけではなくすべてのビジネスに当てはまることですが、新規顧客を獲得して、その顧客を固定客として囲い込むことで売上を伸ばします。ネットショップ市場は拡大していますが、新規顧客の獲得が難しくなっているのではないかと感じることがあります。

その理由は、ネットショップ利用者は自分の意思で積極的に利用している人が多く、興味がない人は依然として興味がないままだからです。私の周りにもネットショップを使ってない人がたくさんいますが、ネットショップで買い物することに必要性を感じていないため、おそらくこれからも使う可能性は低いです。

ネットショップは実店舗を持つべきだとの意見が出ていますが、こうした意見が出てくるのも新規のお客さんを増やすことが難しいからです。ドコモはすでに日本全国に実店舗のネットワークがあり、携帯電話という複雑な商品を接客販売できる店員もいます。

実店舗が持つをお客さんとの接触機会を活かして、ネットショッピングに興味がないお客さんにdショッピングを紹介できます。ネットショッピングに興味がない人に使い始めてもらうことが、ネットショッピングの成長には不可欠です。

ドコモグループの野菜のオンライン定期販売のらでぃっしゅぼーやは、ドコモの店頭で商品の紹介を行っているとのことです。野菜のオンライン定期販売に興味がある人は自分で探して購入してくれますが、興味がない人はその存在すら知りません。

ドコモの店頭でまったく興味がないお客さんにもアプローチできることで、契約してもらうチャンスも生まれます。今後、10年、20年と長くネットショップを利用してもらうことを考えれば、店頭で人件費を掛けてネットショップを紹介する価値はあります。

dショッピングの買い物金額で通信費が安くなれば魅力的

ネットショップには商圏の制限がないため、まったく同じ商品を販売するお店が10個も20個も存在する意味はありません。Amazonもdショッピングもナショナルブランドの商品が中心のお店ですから、お客さんに提供する価値は基本的には同じものです。

たくさんのカテゴリを扱って、価格は安く、配達は1回で便利にというのが、ナショナルブランドを売るネットショップにお客さんが期待していることです。ただ、お客さんは現在のところAmazonに大きな不満がないため、Amazonからdショッピングに乗り換えることはなかなか起こりそうにありません。

品揃え、価格、配達は小売業の本質的な価値ですが、さらに付随サービス、関連サービスを提供してお客さんを囲い込もうとする動きがあります。Amazonは年間3,900円でPrime会員になれますが、Prime会員には無料のKindle書籍のプレゼント、無料で見れるオンラインビデオサービス(アメリカのみで日本はまだ)があります。

ドコモの場合も無料ではありませんが、dゲーム、dミュージック、dブックなど、dショッピングの関連サービスが多数あります。これらのサービスとdショッピングが連携した付加価値があれば、お客さんがdショッピングで買い物をする動機になります。

dショッピングの年間の購入金額に応じてスマートフォンの通信費を割り引くサービスを始めれば、お客さんの支持を得られると思います。スマートフォンを含めたインターネットはもはや生活必需品ですが、通信費は家計にとっては大きな負担になっています。

dショッピングで買い物をすることで通信費が割引になれば、dショッピングで買い物をする動機になります。将来的にすべての商品をdショッピングで買ってもらうことを想定すれば、通信費の割引以上のリターンが見込めるのではないでしょうか。