小さな飲食店にもクレジットカード決済が必要になっている

小さな飲食店にもクレジットカード決済が必要になっている

私は小売業、飲食業のお店で働いたことがあるので、お店の利益が減るクレジットカード決済の手数料が嫌だなと考えてしまいます。しかし、飲食店を取り巻く環境の変化を考慮すると、売上を伸ばすためにはクレジットカードの決済がある方が好ましいです。

飲食店の競争環境は料理や価格だけの差別化ではなく、総合的な飲食体験での差別化が必要になっています。お客さんにとって快適で使いやすいお店になる必要があり、クレジットカード決済も使いやすいお店に求められる一つの要件になっています。

日本全体で現金以外の支払い方法が拡大している背景がある

ニュースを見ていると、食品スーパーが自社専用のプリペイドマネーを導入するケースが増えています。購入金額にインセンティブを数パーセント上乗せしたり、ポイントを増やして付けることで、お客さんを囲い込もうとする意図があります。

食品の支出は家計支出の中でも金額が大きいので、節約のために積極的に利用しようと考えるお客さんも多いです。今後、お客さんの囲い込みに有効なプリペイドマネーは、小売業、飲食業の両方で導入するお店が増えて来るのではないかと思います。

外国人観光客の増加は社会現象になっていて、外国人環境客に対応するために日本の社会システムに変化が出ています。日本はクレジットカードではなく現金で払うことが多いですが、海外ではクレジットカードがよく使われていることが知られています。

外国人のお客さんからの売上を増やすために、小売業、飲食業ではクレジットカードによる支払いが導入されています。クレジットカード決済は比較的規模の大きなお店が導入するものでしたが、将来的には小さなお店にも導入が進んで行く可能性が高いです。

現金以外の支払い方法として、クレジットカード、電子マネーは昔からありますが、どちらもあまり使われて来ませんでした。電子マネーは簡単で支払いに便利なのですが、実際に使われているのは交通機関とコンビニ、食品スーパーなど利用場所は限定的です。

しかし、現在の現金以外の支払い方法が導入されている状況を見ると、これからはもっと使われるようになるのかもしれません。最近はポイントが付くお店も増えているので、ポイントがインセンティブになり新しく使い始める人も出てきそうです。

豊富な支払い方法は利用しやすいお店であることを意味している

小売業でも飲食業でも当てはまることですが、情報化社会が進むことにより、商品での差別化がますます難しくなって来ています。素晴らしい商品が新しく出ても情報がすぐに伝わるので、競合のお店に簡単に真似されてしまいすぐに差がなくなってしまいます。

コンビニ各社はドーナツの販売を始めましたが、ミスタードーナツのものと非常によく似ています。例えば、ミスタードーナツとしては「うちのドーナツの方が上だ」と言いたいところですが、お客さんが細かい品質の差を認めてくれるかどうかは分かりません。

商品での差別化が難しくなる中で何で差別化をするかと言えば、買い物のしやすさ、お店の使いやすさは差別化のポイントになります。飲食店は料理だけではなく、お店の雰囲気、居心地の良さ、など総合的な飲食体験で勝負するべきだという意見もあります。

飲食店の立場では自店の料理は他店の料理と差別化できていると考えますが、お客さんの立場からすれば必ずしもそうではありません。料理の差をお客さんに感じてもらうことが難しくなる中で、他店との差を感じてもらえる要素は一つでも多くあるに越したことはありません。

クレジットカード決済を含めた現金以外の支払い方法の導入も、お店の利便性を改善する一つの方法だと言えます。個人的には「少額だし、クレジットカードじゃなくても現金で良くないですか?」とは思いますし、この意見に同意してもらえる人も少なからずいると思います。

ただ、飲食店でクレジットカードを使いたい人は昔から一定数いますし、最近はポイントをもらうためにクレジットカードを使いたい人も増えています。このようなお客さんにとっては、お店を選ぶにあたってクレジットカードが使えるかどうかは重要で、使えるお店は良いお店であるとの評価になります。

ネット経由の販売にはクレジットカード決済が不可欠になる

飲食店で利用するITテクノロジーの新製品が多数登場していますが、ネット予約は飲食店にとって重要なものになりそうです。スマートフォンからも予約ができますから、お客さんがその気になった瞬間を逃さずに予約を獲得することができます。

飲食店でネット予約が普及すれば、予約システムを持っていないお店はお客さんを失ってしまいます。予約が増えれば増えるほど食材の仕入、人員の配置もやりやすくなるため、店舗の効率を高めるために積極的に予約を取りに行こうとするお店も出てきます。

ネット予約とともに期待されているのが、事前にネットで注文をしてから取りに行くネットテイクアウトです。人気の持ち帰り店では注文待ちのお客さんが溢れていて、これまで多くのお客さんの注文を失うを機会損失がありました。

しかし、事前にネットで注文を行っておけばお客さんは待たずに済みますし、店頭がお客さんで混雑することもありません。弁当、たこ焼き、お好み焼き、焼き鳥など、持ち帰りの人気店ではネットテイクアウトが拡大すると思っています。

飲食店がネット予約、ネットテイクアウトアウトを導入する時に、決済方法が現金だけでうまく機能するのか不安があります。ネット予約の場合はキャンセルが問題になっていますが、事前にクレジットカードで支払いを済ませてもらうやり方は防止策の一つです。

ネットテイクアウトの場合もネット予約と同様に、事前にクレジットカードで決済をしておけば、お客さんの利便性が高まります。クレジットカード決済がなければ利便性が損なわれ、飲食店のIT化が進む過程で問題になるのではないかと考えています。

手数料の負担を乗り越えて優れた飲食体験を強みにしたい

決算発表を見ていても目立って来ているのが既存店の客数の減少で、高齢化社会が進むにつれて小売業、飲食業で影響が出ています。増えている企業と減っている企業でメリハリがあればいいのですが、ほとんどの企業で減っているのでショックは大きいです。

人口が減少する中でお客さんを取り合うことになるため、お店同士の競争が消耗戦になることは避けられません。客数の大幅な増加は見込めませんから、基本的な戦略はお客さんを囲い込んで、来店回数や注文点数を増やすことで売上を伸ばす方向になります。

食べログ、ぐるなびなどのグルメサイトが登場したことで、お客さんの飲食への関心が高まったことは飲食店にとってはプラスです。しかし、飲食が好きなお客さんは次から次に新しいお店に行くため、固定客になってもらうことが昔よりも難しくなっています。

また、たくさんの飲食店を利用することで知識と経験が豊富になり、飲食店同士の比較もするようになります。料理で差別化をすることはもちろんなのですが、料理を含めた総合的な飲食体験を提供することでお客さんの支持を得たいところです。

クレジットカードで支払いができるというのも、広い意味での飲食体験の一部ではないかと個人的には考えるようになりました。人口が減少して行くことを考慮すると、何としてでも同じお客さんに何度も何度も来店してもらわなければなりません。

クレジットカードの手数料はお店にとって負担ですが、快適なお店になるためには必要な投資だとも言えます。クレジットカード決済を希望しているお客さんが確実に存在しており、人口が減少する中でこのお客さんを無視してしまうのは良いことではありません。