飲食店にタブレット注文システムを導入することで期待される効果

飲食店にタブレット注文システムを導入することで期待される効果

居酒屋で注文用のタブレットを設置しているお店を目にすることがありますが、飲食店にタブレット注文システムを導入することで期待できる効果を考えてみました。費用に見合う効果があるのか、お客さんが使ってくれるのか、衛生面に問題がある、店員とのコミュニケーションが減って問題はないのかなど課題が多いため、すぐには拡大することはないと思います。

お店の立場から良い点だけを抜き出してみると魅力的なものが多く、これから積極的に導入するお店も増えるかもしれません。日本全体で人材不足が認識されるようになっていますから、各種テクノロジーの導入もお客さんに受け入れられやすくなっています。

端末からの注文が快適なので追加の注文をもらえる機会が増える

回転寿司ではタブレット(タッチパネル)の注文方法が導入されていて、焼き肉、居酒屋などでも導入されているお店があります。一方、ファミリーレストランやファーストフード店では導入されておらず、業種によってタブレット注文システムの評価は異なります。

タブレットでの注文が導入されているお店の特徴は、お客さんが長時間滞在して食事をする、追加でどんどん注文をする業態です。注文をして食事をしてすぐにお店を出る業態では、それほど大きな効果が見込めないと考えられていて導入されていません。

タブレットでの注文システムのメリットの一つとして、店員に話し掛けるよりも注文がしやすい点があげられます。居酒屋などでお店が混雑している場合、注文をするために店員を呼ぼうとしても手が空いてないことがあり、お店の立場からすると機会損失が発生しています。

追加の注文は最初の注文ほど重要ではないため、店員とタイミングが合わなければお客さんの気が変わってしまうこともあります。お客さんがその気になった時に確実に注文を確保するためには、混雑なく注文できるタブレットの注文システムは効果的です。

お客さんにタブレットを使って注文をしてもらうやり方は、飲食店の人件費削減、生産性の改善の効果も期待されています。少子高齢化が進んで日本全体で人材不足の状態が続くことになれば、ロボットによる自動化、お客さんの協力も必要になって来ます。

飲食店はアルバイトを確保するための資金力が弱いため、テクノロジーを積極的に導入することになると考えています。タブレットによる注文がうまく機能している業種は今のところ少数ですが、人手不足への社会の理解が深まれば導入しやすくなります。

メニューの修正が簡単なので頻繁に販促を行うことができる

アメリカの記事で目にしたことがあるのですが、デジタルのメニューがお店の売上を増やしている事例があるそうです。従来のメニューは文字と写真が中心になりますが、デジタルのメニューではこれに加えて動画でも料理を紹介することができます。

料理の写真を無制限に載せることができますし、料理を様々な角度から見てもらうことでお客さんの食欲を刺激できます。実際に紙のメニューとデジタルのメニューの両方を使ってみると、やはりデジタルのメニューは情報が多く楽しいので長く見てしまいます。

飲食店にとってメニューは重要な販促ツールの一つで、メニューのレイアウト、写真、テキストが売上に影響を与えています。規模の大きなチェーン店では季節ごとに新商品と新メニューを用意して、お客さんの関心を引いて売上を伸ばそうと工夫しています。

しかし、メニューのデザインや印刷に掛かる費用の負担があるため、頻繁にメニューを更新することは難しく、失敗した時のダメージも大きいです。メニューがデジタルになり相対的に更新費用が安くなれば、頻繁にメニューを修正して販促を行うことができます。

お客さんはそのお店で何が売れているのかに関心があって、売れている商品をアピールできれば売上に繋がります。実店舗では売れている商品にPOPを付けて訴求をしており、ネットショップではよく売れている商品のランキングを表示して訴求しています。

飲食店においてもメニューに表示したり、壁にPOPを貼っていますが、いつの情報なのか鮮度も伝わらずに訴求力も弱いです。デジタルのメニューでリアルタイムの売れ筋商品を紹介できれば、お客さんに注文してもらえる確率がぐっと高まります。

お客さんがメニューをどのように見たのかトラッキングできる

小売業では実店舗対ネットショップがこれから注目されるところですが、ネットショップが優れている点の一つはお客さんの行動を記録できることです。ネットショップでは、お客さんがどの商品を見たのか、何分くらい見たのか、カートに入れたのか、カートに入れたけど買わなかったのか、すべてを把握することができます。

ネットショップはお客さんの行動を分析して、商品の写真、テキスト、レイアウトを頻繁に変更して購入の確率を高めています。実店舗ではお客さんの行動データが取れないのでマーケティング活動の幅が狭く、効率的にマーケティングを行うネットショップに後れを取ってしまいます。

デジタルのメニューを導入することは、実店舗においてお客さんをトラッキングする方法のひとつになります。お客さんは紙のメニューを見て注文を決めていますが、メニューのどこを見て、何に迷ったのかお店側は把握することができません。

飲食店ではお客さんに商品を提案することが難しいですから、お客さんが何を考えているのか是非とも知りたいところです。デジタルのメニューであればネットショップと同じように、お客さんが何を見て何を迷ったのかを知ることができます。

例えば、デジタルメニューではお客さんによく見られているのに、実際にはあまり注文されない商品があったとします。そうすると、商品写真に問題があるのか、他の商品と競合しているのか、価格が高いのかなど、注文がもらえない理由を考えることができます。

飲食店では数点しか注文をもらえないことが多いため、少しでも高い商品を売りたいですし、できれば注文品数も増やしたいです。デジタルメニューの導入でお客さんの注文プロセスが分析できれば、実施できる販促やメニューの改良の幅も広がります。

お客さんの店内での負担を減らしてお店の運営を快適にできる

主にファーストフード店の話になりますが、お客さんの負担を軽減することで、飲食店の利用を快適にする効果が期待できます。ファーストフード店では注文待ちのお客さんが店頭で立って待っていますが、混雑しすぎるお店はお客さんに敬遠されてしまいます。

注文待ちで店頭は混雑しているものの、食事をしているお客さんは少なく、テーブルも椅子もガラガラなことがあります。注文をテーブルに設置したタブレットから受けるようにすれば、店頭の混雑を解消するとともにお客さんの負担もなくなります。

ファーストフード店ではセルフサービスが基本になっていて、食事後のゴミはお客さんが片付けるお店が多いです。店員の作業を減らして人件費を削除するためにやって来たことですが、片付けは店員がやるようにした方が良いのではないかと思うことがあります。

いい加減にゴミを捨てる人もいますし、放置する人もいますし、きちんと片付けてくれないお客さんがいれば、お店全体の清潔感を損ねてしまいます。テーブルに設置したタブレットから退店を通知する仕組みがあれば、店員がゴミを素早く片付けることができるので負担も小さく、お店の清潔感も維持できます。

テーブルにタブレットを設置することで、お客さんがテーブルから離れなくて済むようになれば、店内を動き回る必要がなくなり快適になります。注文のために店頭で待つ、再注文のために店頭に行く、ゴミを捨てるなど、お客さんは店内で飲食以外にも体力を使っています。

それくらい当たり前ではないかと突っ込みが入るかもしれませんが、なるべくお客さんが動かなくてもいい仕組みを作りたいです。注文の待ち時間やゴミ捨て作業など、お客さんのあらゆる精神的、体力的な負担を減らすことで、快適なお店になることができます。